本田真凛

写真拡大

 浅田真央の引退から半年。アイドル的なルックスから、「ポスト真央」の大本命とされているのが本田真凛(16)だ。フィギュアスケートといえば、費用が掛かる競技。それにもかかわらず、兄妹4人が選手であるというから、さぞ裕福な家庭だろうと推察されたが、案の定、実家は知る人ぞ知る経営者一族だった。

 ***

 シニアデビュー戦となった「USインターナショナルクラシック」で、本田が堂々の金メダルを獲得したのは、先月のこと。以来、最も注目を浴びる選手となった。スポーツ紙記者の話。

「彼女の演技には華があります。特に、演技構成点の判断基準の一つで、感情表現を評価する“パフォーマンス”が、日本の選手の中で、最も輝いている。しなやかで、浅田真央のような表現力を持ったタイプです」

本田真凛

 まだシニアに進んだばかりのため、今後、経験を積む必要があるというが、

「従来の日本人選手と違って、注目が集まれば集まるほど実力を発揮するタイプ。“大勢の人前で滑るのは楽しい”と言っています。来年2月の平昌五輪への出場枠は2つしかなく、昨年全日本選手権4位の彼女にとってハードルは高い。でも、この世代の子は思わぬパワーを発揮するので、ひょっとするかも」(同)

 五輪への期待も掛かるのだから、「ポスト真央」の最有力と言われるのも頷けるというもの。もっとも、本田家には彼女だけではなく、兄の太一(19)の他に、芸能界で子役としても活躍する望結(みゆ)(13)、さらに紗来(さら)(10)も控えているから、将来的には妹たちがライバルになる可能性も十分にあるわけだ。

 それにしても、フィギュアは、選手養成に金が掛かるとされ、

「トップ選手になると、コーチ代から、衣装代、遠征費などを含めて、1人年間1000万円は掛かると言われます。普通に始めただけでも1人年間最低300万円は必要となる」(同)

 にもかかわらず、4人もその道に進めることが出来るのは一体、なぜなのか。

関連会社4社

「本田の実家は、精密機器関連の製造から、運送やメンテナンス、保管まで行う会社を経営しているのです」

 とは、フィギュア関係者。

「元々、商社勤めしていた真凛の祖父が、運送会社の娘さんと結婚し、婿養子に。その後、通常の運送業から、高額な精密機器を運ぶ物流会社に変えたのです。さらに、設置もメンテも請け負うまでに拡大させた。精密機器は1台何億円もしますから、それを運んで設置すると、1回の取引でも数千万円の売り上げになるそうなのです」

 本田の祖父は、他者に真似できない物流システムをいち早く構築することに成功。現在、関連会社4社で、年商20億円に上るという。

「真凛の父は、祖父からみて長男になりますが、子供たちのスケート生活をサポートするため、家業を継ぐわけにいかない。そのため、現在、会社を継いでいるのは次男が中心で、真凛の父は役員と株主での収入がほとんどと聞いています」(同)

 親族のバックアップを一身に受ける本田。平昌五輪で大輪の花を咲かせるのか?

「週刊新潮」2017年10月19日号 掲載