アバの音楽はなぜ、世界中で愛され続けているのだろうか(写真:筆者提供)

1970年代にキャッチーなメロディと美しいハーモニーで、世界中を魅了したスウェーデン発の男女4人組ポップグループ「アバ」。1982年に活動を休止してからすでに35年が経過しているが、 アバは現役で活動していたときより、解散してからのほうがビジネスとして拡大していることをご存じだろうか。

2010年、ユニバーサル・ミュージックはアバに対して3億7500万のレコードセールスを記録したという賞を与えた。これはビートルズ、エルビス・プレスリー、マイケル・ジャクソンに次ぐ数字だ。

1992年にリリースされたベスト・アルバム『アバ・ゴールド』は、イギリスのアルバム・チャートでトップ100入りがなんと807週にも上る(2017年10月20日付)。これは男性4人組ロックバンド、クイーンの『グレイテスト・ヒッツ』(795週)より長い期間で、歴代1位だ。

「スウェーデンでは、VOLVO、エリクソン、H&M、IKEAといったブランドが有名ですが、アバもそのブランド産業のひとつだと思います」

友人のスウェーデン人はそう胸を張って話した。


アバの「解散後ビジネス」に学ぶ、4回連載の第1回目です

1978年の時点で、アバはスウェーデンで最も急成長を遂げた「産業」となり、年間総収入は1600万ドル(当時のレート、1ドル=195円で約30億円)で、VOLVOよりも外貨を稼いでいたとも話題になった。そのアバが現在でも「産業」であるとは、いったいどういうことか。

筆者はスウェーデンで取材し、その手法に今後のポップ・ミュージック・ビジネスの新しいヒントを見た。そこでこの連載では4回にわたり、アバのビジネスを検証していく。

人気は健在で、再結成のオファーもあったが…

アバの人気は今なお健在だ。これまで何度も再結成のオファーを受けており、2000年には「100日間の世界ツアーを行えば、10億ドル(約1100億円)を提供する」というオファーを受けたこともある。メンバーは拒否したが、これは小国の国家予算に匹敵するほどの金額だ。

そのアバがついに再結成する。とはいうものの、本当の再結成ではなく、最新技術を駆使したバーチャル・リアリティ・ツアーを2019年に行うと発表したのだ。

そのライブは、仮想現実(バーチャルリアリティ)と人工知能(AI / Artificial Intelligence)によるもので、世界初、これまでに想像もできなかった新しい形のエンターテインメントやコンテンツになるという。

スウェーデンのポップミュージック界は、1970年代のアバに始まり、1980年代のロクセット、1990年代のエイス・オブ・ベイス、カーディガンズ、最近ではザラ・ラーソンなど、つねにヨーロッパ諸国、アメリカで人気を博すアーティストを輩出し続けている。

その中にあって、アバは特異な存在だ。1974年にヨーロッパの国々から参加曲を募って行われる「ユーロビジョン・ソング・コンテスト」でグランプリを獲得。その後、ヨーロッパだけではなく、アメリカ、オーストラリア、日本でも大成功した。

1982年に活動休止、事実上の解散状態になったが、その後1992年にベスト・アルバム『アバ・ゴールド』でブームが再燃。ロックと比べて、アバのようなポップスは下に見られがちだったのだが、ロックバンドのU2が、スウェーデン公演のゲストで迎えたアバの男性の元メンバーの前で「あなたたちは偉大だった!」と、頭を下げたシーンは衝撃的だった。

1999年にはアバの数々のヒット曲を取り入れた、娘の結婚式のために本当の父親を探すコメディミュージカル『マンマ・ミーア!』がイギリスでスタートして、これが大ヒット。その後ブロードウェイをはじめ、世界各国で上演されていった。日本でも劇団四季が上演していたので知っている方も多いだろう。

その後、クイーンの曲を使ったミュージカル『ウィー・ウィル・ロック・ユー』や、アメリカのシンガー・ソングライター、ビリー・ジョエルの『ムーヴィン・アウト』など、既成曲で構成される「ジュークボック・ミュージカル」が広がったが、すべてはこの『マンマ・ミーア!』がきっかけだったのだ。

2008年にはその人気がスクリーンに飛び火。オスカー女優のメリル・ストリープが母親として主役を演じた映画版『マンマ・ミーア!』が公開。製作費5200万ドル(約57億円)に対して、興行収入6億0980万ドル(約670億円)を上げ、当時のイギリスでは『タイタニック』をしのぎ、イギリス史上最高のヒット作品となった。日本でも大ヒットして、26億円の興行収入を記録している。

40年以上にわたって世界中で愛されるのはなぜか

さて、スウェーデンという、世界のエンターテインメントの中心ではない場所にありながら、アバの音楽はなぜ、40年以上にわたって世界中で愛され続けているのだろうか。彼らの音楽が「産業化」していった背景には、大きく分けて3つの理由があると、アバのビジネス関係者と親交が深い音楽プロデューサーの大越王夫氏は分析する。

1つ目はオリジナル作品を「スウェーデン語」ではなく、「英語」で歌ったという点だ。

「世界に進出するなら、自らの国だけしか通じないスウェーデン語ではダメだ!」

当時のマネジャー、故・スティッグ・アンダーソンは、結成当初からアバをインターナショナルな存在にすることを考えており、マネジメントに英語が堪能な女性秘書を雇用した。その女性が現在でも、アバの個々のメンバーのマネジメントを行っているヨレル・ハンサー氏。彼女はスティッグの下で、全世界の国ごとのディストリビューションをまとめ上げるというタフな仕事をこなした。

40年前の欧州における非英語圏では、英語は現在ほど国際的な公用語として使用されていなかった。しかし、来るべき将来を見越して、メンバーもレコーディングの際に英語の発音に関しては細かなアクセント、ニュアンスを含め、徹底的に意識して歌ったと述べている。また、アルゼンチン、メキシコなどの南米での人気に伴い、ヒット曲をスペイン語で再録した作品も残している。そういったターゲットを絞った「言語対策」も、世界的規模で成功した要因の1つだろう。


さまざまな有名アーティストに歌い継がれている

2つ目は作品が有名アーティストや数々のトリビュートバンドに歌い継がれていったことが挙げられる。

1980年代の後半、アバは解散状態にあり、新曲のリリースもないため、数多いカタログ商品の中の1つとして扱われていた。

そんな中、1992年6月にイギリスの人気ポップデュオ「イレイジャー」が『アバエスク』というカバー・ミニ・アルバムをリリース。これがイギリスで5週連続No.1を獲得。そしてその年の9月にベスト・アルバム『アバ・ゴールド』がリリースされたことで、世界的な再評価につながっていった。要するにアバの楽曲の「衣替え」が行われ、それによって、オリジナル作品が再評価されるという現象につながっていったのだ。この『アバ・ゴールド』はこれまで全世界で約3000万枚以上売れており、現在でも売れ続けている。

そして、世界中でアバの曲を歌うトリビュートバンドの数もかなり多い。1988年にオーストラリアで結成された「Bjorn Again(ビョルン・アゲイン)」を筆頭に、現在では数十組にも及ぶトリビュートバンドが、当時の衣装を再現して、世界各国で連日ライブを行っている。

キャッチーでメロディアスなフレーズが多いアバの曲だが、フレーズのサンプリングの許諾に関しては厳しく、世界各国から多数の依頼があったが、許諾したのはこれまでわずか2つのみだ。R&Bシンガーのローリン・ヒルが所属していたフージーズの「Rumble in the jungle」(1996年)と、マドンナの「Hung up」(2005年)だけである。

特にマドンナは熱心なアバファンで、許諾を得るために使者をスウェーデンにまで送り込み、必死に嘆願したのは有名な話だ。この「Hung up」は全米だけでも870万枚以上を売り上げ、世界43カ国でNo.1を記録。これはポップミュージック界史上No.1最多獲得国数で、マドンナの歴代シングルの中でも最高のセールスとなっている。


歌詞のローカライズ

3つ目は先述した大ヒットミュージカル『マンマ・ミーア!』の世界展開にあたって、オリジナル歌詞のローカライズを認めたという点だ。

アバの歌詞というのは政治色やメッセージ性が強いものではない。初期と後期を比べると、若干、歌詞の世界観が異なってくるが、シンプルながらも深みがあり、自分たちのプライベートな出来事さえも取り入れたラブソングを基本としているのが特徴だ。そのためミュージカル『マンマ・ミーア!』のストーリーを構築していくうえで、楽曲を1つの物語として適応させることが可能だった。

また、ミュージカルの上演に際しては、オリジナルの英語詞ではなく、その国の言語で歌唱することに許諾を与えたのだ。その場合、クオリティコントロールが重要になってくるが、現在まで22カ国の言語に翻訳され、世界6大陸、50カ国以上で上演され、6000万人以上が観た舞台となっている。ちなみに『マンマ・ミーア!』の日本語盤CDに関しては、なかなか許諾がおりず、初演から10年経った2014年にようやくCD発売された経緯があった。

アバの解散後のプロジェクトはすべて「観客が歌って踊って楽しめる」ということに主眼を置き、ファンのためにその「精神と記憶」を維持し続けているといえる。「ソングファースト」の姿勢をずっと貫いているからこそ、世代を超えて愛され続けているといえよう。

そして先日、続編となる映画『マンマ・ミーア! Here We Go Again』が2018年夏に公開されることが発表された。もちろん前作同様、メリル・ストリープも出演する。10年前と同様、『マンマ・ミーア!』と伴走して世界中にアバ旋風が巻き起こるのは間違いないだろう。

彼らの曲は「古い」とか「新しい」とか、そういった言葉では語ることはできない。ただ「美しく、生命力がある」のみだ。ストックホルムにある歴史的建造物や芸術作品と肩を並べて語られる日も、そう遠くはないだろう。

次回の記事では、アバの解散後ビジネスを支える仕掛け人について取り上げていく。