杉田VSシャポバロフ スピードのあるラリーを制し杉田が第1セット先取[スイス・インドア]

写真拡大

「スイス・インドア」(10月23日〜10月29日/スイス・バーゼル/室内ハードコート)シングルス1回戦で、杉田祐一(三菱電機)とデニス・シャポバロフ(カナダ)が対戦中。第1セットは杉田が6-4で先取した。

両者の対戦はこれが初めて。杉田は先週行われた「ストックホルム・オープン」でベスト8となっていた。準々決勝では格上のフアン マルティン・デル ポトロ(アルゼンチン)にストレートで敗れたものの、第2セットは6-7(6)とタイブレークで最後まで食らいついていた。シャポバロフはネクストジェネレーションと呼ばれる次の時代を担うと期待される18歳。今年の「全米オープン」では杉田を上回るベスト16を果たしていた。

◇   ◇   ◇

立ち上がりは両者俊敏さを活かしたコートをめいいっぱい使ったラリーの応酬。どちらもピンチとまではいかないまでも、やすやすとキープはできないスタートだ。とはいえ第3ゲームで杉田がデュースに追いつくと先にアドバンテージを得る。シャポバロフはピンチの場面でも積極的にコースを狙って攻めるものの、クロスへのショットはアウト。ワンチャンスで先に杉田がブレークに成功する。

4-2となった第7ゲームでも杉田にブレークポイントがくるが、シャポバロフはサーブアンドボレーを交え戦術を広げキープする。

その後お互いキープを続け、5-4で迎えたサービングフォーザセットも杉田がしっかり勝ち取り、杉田が6-4で第1セットを先取した。

ファーストサービスの入りは両者52%と低調だったが、ファーストサービスでのポイント獲得率は杉田が86%とシャポバロフの69%を大きく上回りこの差がゲームカウントに現れた。試合は現在第2セットに進んでいる。

(テニスデイリー編集部)

※写真は「スイス・インドア」で第1セットを先取した杉田(デビスカップのときのもの)
(Photo by Kiyoshi Ota/Getty Images)