いつも読者からの質問に回答してくれる、メルマガ『『永江一石の「何でも質問&何でも回答」メルマガ』』の著者で人気コンサルの永江一石さん。今回、永江さんの元に届いた質問は「ビジネスで目上の人にどのように声をかけるべきか?」というもの。自分より立場や年齢が上の人だけど話してみたい…そんなとき相手に好感を持ってもらう為には、どんな声のかけ方が最適なのでしょうか。永江さんからの回答は?

著名人に声をかける方法

Question

女性の便利屋とコンシェルジュを掛け合わせて、団塊の世代の知らない人にどのように声をかけるべきか? 異性へのナンパとかではなく、ビジネス関係です。著者やテレビなどで一方的にこちらが知ってる人が目の前にいたら、どのように声をかけるのが相手が気分よいか?と考えてます。

私がスタバで、いきなり、

「永江さんですよね? メルマガ購読してます」

という挨拶が良いのか?

「突然失礼します。〇〇の仕事をしている〇〇と申します。いつも永江さんのメルマガ購読してます」

というような挨拶が良いのか?

永江さん以外でも、こちらが一方的に知ってる人に偶然会う機会も多いので、いつも対応に迷ってます。迷惑かなと考えて、声をかけずにスルーすることも多いですが、できれば声をかけたいのが本音です。相手からしても急に知らない人に名刺を渡されたり、自己紹介されるのは怖いのかなと考えます。

人それぞれだとは思いますが、永江さんなら、どのような対応が気分よくなりますでしょうか?

永江一石さんの回答

わたしが往来でそのように声をかけられたら「あーそうですか」とうわべだけ返事しつつ迷惑だなと思うでしょうね。ww

ホリエモンも最近、似たようなことを言ってました。気持ちはわかる。

自己紹介までされると、怖いというより面倒臭いですね。Facebookも同じですが、自分が会いたい人、知り合いになりたい人と連絡先を交換するのなら良いんです。見も知らない人と友達にならないのは、この人と友達になって何かいいことあるのかなと思ってしまうからですね。

じゃあどうすればウザがられないかと考えると、まずは往来ではなくて、セミナーや講演会で話しかけてほしい。お金を払ってわざわざ会いに来てくれたんだと思うと、やっぱり、ありがとうと言いますよ。

さらに話しかけるとすれば、相手に質問するのが良いのではないでしょうか。

「あなたの本を愛読していて、ひとつだけ疑問に思っていたところがあるんですが……」

と切り出してみては。その内容が的を射てるものであれば、よく読み込んでくれているんだなと相手も感じて、決して悪い気はしないはずです。

これは女優さんに話しかける際や、それこそナンパ術としても使えると思いますよ。

「あのドラマのこのシーンで、ふとこんな表情をされたのには、どういう意味があったのでしょうか?」

というふうにです。そこにこだわって演技されていたのであれば、良い心象を持ってもらえるだろうし、たくさん話してくれることもあるでしょう。

ただお分かりの通り、こういった質問をするためには、普段から本当にその人の本をちゃんと読み込んでいたり、その女優さんの演技を見ていないとできないもの。声をかける以上は本当に好きな人だけに、ちゃんと下調べして話しかけてください。いま思いついたようなバカな質問だと場が白けてしまいますが、この人は良く調べてるなと思ってもらえれば、そのあともお付き合いできるかもしれませんしね。

そういえば、サーフィン中の海の中やクルマの横で着替え中にでいつも読んでます」と声をかけていただいたことが2度、3度。さすがにノーパンの時はモゴモゴしちゃうので、声をかけるなら、パンツ履いたのを見届けてからにしてくださいw

MAG2 NEWS