メキシコ五輪銅メダルの釜本氏、当時の日本サッカーを回想 「勝利しても何も得られなかった」

写真拡大

釜本氏がAFC公式サイトでアジア史上初の「銅メダル」獲得を語る

 長年にわたって日本サッカー界について回る課題とされる「決定力」の3文字。

 数々の名ストライカーがこの言葉と対峙し続けているが、それをものともしなかった人物と言えば釜本邦茂氏だろう。日本代表の歴代最多得点記録(75)を持つ同氏が、AFC公式サイトのインタビューで銅メダルを獲得した1968年メキシコ五輪当時の日本サッカー界について語っている。

 メキシコ五輪の銅メダルは、当時まだ世界のサッカーから取り残されていたアジアサッカー史において誇るべき偉業だった。釜本氏は当時を「朝のうちに仕事をしなければいけなく、その後サッカーの練習をして帰宅する生活だった。勝利をしても何も得られなかった。昔は勝っても会社の給料は上がらず、正社員と同じだったよ」と選手全員がアマチュアだったことを、ユーモアを交えて語っている。

 銅メダル獲得は、選手たちにとっても想像以上の躍進だったようだ。釜本氏は次のように振り返っている。

「我々は大会に臨む前、『メダルを獲得したい』とは思っていたものの、メダルを獲得するとは考えていなかった。というのも、五輪のレベルで勝利できるとは思っていなかったからだ。4年前(1964年)の東京五輪と同じく、グループリーグ突破とベスト8に進出できればいいと考えていた」

メキシコで「ハポン!」の叫び声が起こる

 本大会では杉山隆一氏とホットラインを形成し、大会得点王に輝く大活躍を見せた。「我々のゴールはすべて速攻で、私と杉山によって奪った。自分が得点した時、自分の前にチームメイトは誰もいなかったからね」と、二人の関係性が当時の生命線だったことを回想している。

 また印象的な試合として、3位決定戦のメキシコ戦についても回想した。開催国との対戦には8万人とも10万人とも言われる観客が詰めかけたとされるが、釜本氏の2ゴールによって日本が勝利。「後半のラスト10分、メキシコは決定機を逃しているとみんながこう叫び始めたんだよ。『ハポン!ハポン!(スペイン語で日本)”ってね』」と敵地であるはずのスタジアムすら、自分たちを称えてくれたことを誇らしげに語っている。

 メダル獲得後には昭和天皇からの祝賀を受けるなどの思い出も披歴した釜本氏。来年で快挙から半世紀となるが、いまだにそのインパクトは大きなものとなっているようだ。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images