ミュラーは右太もも裏の肉離れで3週間の離脱…ライプツィヒ戦、ドルトムント戦を欠場へ

写真拡大

▽バイエルンは23日、ドイツ代表FWトーマス・ミュラーの負傷を発表した。

▽クラブの発表によると、ミュラーは21日に行われたブンデスリーガ第9節のハンブルガーSV戦で負傷したとのこと。右太もも裏の肉離れとのことだ。なお、離脱期間は3週間としている。

▽ミュラーは、ハンブルガーSV戦にハメス・ロドリゲスと代わって後半頭から出場。52分にトリッソのゴールをアシストしていたが、55分にチアゴ・アルカンタラと交代していた。なお、バイエルンは0-1で勝利している。

▽今シーズンのミュラーは、ブンデスリーガで9試合に出場し1ゴール。首位のドルトムントに並ぶ貴重な勝利に貢献したが、3週間の離脱となると28日のRBライプツィヒ戦、11月4日のドルトムント戦は欠場が濃厚に。バイエルンにとっては、トップ3同士の対決でミュラーを欠くこととなり、大きな痛手となりそうだ。