いい学校に進みいい企業に入社すれば将来は安泰だと思われていたのも今は昔。日本を代表する企業すらバタバタと倒れてゆく現在、子供たちにどのような「人生の指針」を示してあげるべきなのでしょうか。今回の無料メルマガ『起業教育のススメ〜子供たちに起業スピリッツを!』では、著者で長く人材育成に携わってきた石丸智信さんが、ある書籍の一節を紹介しつつそのヒントを記しています。

いい学校・いい会社を目的化しない

平野秀典氏のご著書『感動3.0 自分らしさのつくり方』の中で、医学博士であるディーパック・チョプラ博士が、自身の子どもたちに4歳の頃から言い聞かせていた言葉が著されていました。その一節は、子どもたちが持ち味を発揮して、成長していく上で、とても示唆に富んだ内容であり、非常に印象的でした。今号では、その一節を引用しつつ、考察していきたいと思います。

同著では、このように著されていました。

いいかい? 学校でいい成績をとることやいい大学に行くことに集中しないでほしいんだ。

 

学校で一番になることや一番いい大学に行くことなんてたいしたことではない。私が君たちに本当に望んでいることは、君たちがどうしたら人類に貢献できるか、独自の才能とは何なのかを自問することに集中することだ。なぜなら、君たち一人一人が他の誰も持っていない独自の才能を持っていて、他の誰も持っていない独自の表現方法を持っているからだよ。

この一節を読んで、どのようにお感じになりましたか? 私は、この考えに触れて、「なるほど」と腑に落ちましたし、これから子どもたちが、自立・自律型人財として、また、自らの持ち味、可能性を発揮して成長していく人財になっていく上で、大切な考え方ではないかと思いました。

この言葉を聞いてきたチョプラ博士の子どもたちは、結果としていい学校と言われる学校に行くとともに、学生時代に自分自身のやり方で自立していったそうです。

高度経済成長期やバブル経済期などにおいては、「いい学校に入って、いい会社に入ったら安泰」というゴールデンルールのようなものがあったように思います。しかし、近年の経済・社会環境が、目まぐるしく変わる中にあっては、「いい学校、会社」だと思われていた組織であっても、厳しい局面に置かれてしまうのは、ご存知の通りだと思います。

チョプラ博士は、いい成績をとること、いい学校に入ることが目的ではなく、手段だということを言っているように感じました。あくまでも、自分の持ち味や可能性を見つけて、それを発揮する上で、結果としていい学校、会社と言われるところに入ったとしても、いい学校、いい会社に入ることを目的にしてはいけないと言っているように思います。

まさに、「手段を目的化させない」ということを示唆しているように思います。

「自分の持ち味、可能性は何なのか」「どのように貢献していくか」などと自分に問いかけ続けるということは大事なことだと思います。それは、子どもたちだけではなく、私たち大人にとっても、大切な問いかけだと思います。

そして、独自の持ち味や可能性は、誰かから、どこかから与えられるものではなく、自分で学び、考え、気づいていくものでしょうね。ここでの自問というのは、頭の中で考えるだけではなく、行動してみることによって、気づき、考えることも含まれるでしょうね。

貢献というと、何か大げさに考えてしまいがちですが、周りのことを想って、今の自分にできる範囲で考えていくことが大切だと思います。

私たちは、人それぞれに、異なったバックボーンと言えるものがあるでしょう。チョプラ博士が言われているように、一人ひとり違った持ち味、才能を持っていると思いますし、可能性を秘めているものだと思います。

とりわけ、子どもたちの可能性は無限と言われるぐらい、広がるものではないでしょうか。その持ち味、才能、可能性を表現する方法も、一人ひとり違うでしょうね。物を作って表現する、書く、描く、聴く、体で表現するなど、色々な表現方法が考えられます。

子どもたちにとって、これからは、「いい学校・いい会社」を目的とするのではなく、手段として考えることが必要だと思います。また、一人ひとりが、自分自身の持ち味、可能性に気づき、発揮することによって、周りの人や社会などに貢献していくことを考えていくことが大切になってくるように思います。

MAG2 NEWS