鳥栖の2選手が負傷…イバルボと福田晃斗、全治約2週間の離脱へ

写真拡大

 サガン鳥栖は23日、コロンビア人FWビクトル・イバルボが左大腿ハムストリング筋損傷、MF福田晃斗が左下腿三頭筋筋損傷でそれぞれ全治約2週間と診断されたことを発表した。

 イバルボは21日の明治安田生命J1リーグ第30節ヴィッセル神戸戦で1ゴールを挙げたが、負傷交代を強いられていた。今季はJ1で22試合に出場して5ゴールを記録しているが、離脱することとなってしまった。

 また福田は19日のトレーニングで負傷。同選手は今季、J1で28試合出場3ゴールを記録している。

 鳥栖は明治安田生命J1リーグ第30節終了時点で12勝8分け10敗、勝ち点「44」で8位。次節は29日、アルビレックス新潟とのアウェイゲームに臨む。