画像提供:マイナビニュース

写真拡大

●独自カラーを採用した国内メーカー製の2機種をラインナップ

UQコミュニケーションズは10月23日、UQ mobileに対応する2017年秋冬のラインナップとして、スマートフォンの「arrows M04 PREMIUM」と「AQUOS sense」を発表。同時に、新サービスとなる「UQライフ」と、モバイルWi-Fiルーター「Speed Wi-Fi NEXT WX04」も発表した。

○独自カラーを採用した国内メーカー製の2機種をラインナップ

富士通製のarrows M04 PREMIUMは、レッドのカラーバリエーションを用意。他キャリアのモデルではメモリとストレージの容量がそれぞれ2GB、16GBのところ、メモリが1.5倍の3GB、ストレージが2倍の32GBとなっている。発売は10月26日。

米国国防省のMIL規格23項目に準拠しており、豪雨や雪山はもちろん、潮風の吹く海辺などにも強く、アウトドア用途に向く。家庭用の液体洗剤でゴシゴシ洗えてしまうタフなボディは、コンクリートへの1.5m落下試験もクリアしており、高い堅牢性が魅力だ。ワンセグやおサイフケータイ機能も搭載し、フィーチャーフォン(ガラケー)からの買い換えにも適したモデルとなっている。

料金プランは、本体代金と14カ月目以降の月額料金の違いによって3つを用意。プランSは月額3,218円(14カ月目以降は月額4,298円)、プランMは月額3,758円(14カ月目以降は月額4,838円)、プランLは月額5,918円(14カ月目以降は6,998円)となる。

シャープ製のAQUOS senseは、独自色となるエアリーブルーを採用。5.0インチのフルHD IGZO液晶ディスプレイを備え、指紋センサーなども搭載。防水、防塵性能に優れる。バッテリーは2,700mAhだ。

AQUOS senseは11月下旬の発売を予定しており、料金設定などは未定とのこと。だが、ドコモやauのモデルとハードウェア面でほとんど差がないため、各社と同様のリーズナブルな価格設定になる見通しだ。

UQコミュニケーションズの秋冬モデルは、既存モデルに上記の国内メーカー製2モデルを加え、全11機種で展開となる。

●UQ mobileユーザー向けの新ポータルサイト

○UQ mobileユーザー向けの新ポータルサイト

新サービスの「UQライフ」は、UQ mobileユーザー向けの新ポータルサイト。話題のニュースなどを表示するほか、表示モードのワンタッチ切り替え、通知設定の調整などが行える。arrows M04 PREMIUMとAQUOS senseにはプリインストールされており、従来機種でもGoogle Playからダウンロードして無料で使用可能だ。

表示モードの切り替えは、画像や動画などサイト運営者の意図通りに表示する「通常表示」と、画像や動画の表示を減らしてテキスト中心にすることでデータ転送量を抑え、素早い読み込みを可能にする「ライト表示」を、画面右上のスライド風のボタンで切り替える。

なお、「UQライフ」の開始を記念して、2つのキャンペーンを実施する。

1つめは「ブッキング・ドットコムキャンペーン」で、UQライフ経由で宿泊予約サイトの「Booking.com」から宿泊を利用すると、宿泊利用額の5%(最大1,000円)が割引となる。キャンペーン期間は10月25日から2018年1月31日まで。翌々月のUQ mobile月額料金にて適用となる。

2つめは「筆王プレゼントキャンペーン」。UQライフ経由ではがき印刷ソフト「筆王」の特設サイトから応募することで、抽選で100名に「筆王」が当たる。キャンペーン期間は11月20日から12月3日まで。

●屋内利用時のビームフォーミングに対応したモバイルWi-Fiルーター

○屋内利用時のビームフォーミングに対応したモバイルWi-Fiルーター

Speed Wi-Fi NEXT WX04は、従来の下り最大440Mbpsに加えて4G LTEにも対応、さらにモバイルルーターでは初のWi-Fiビームフォーミングもサポート対応する。クレードルに接続中のみとなるが、対応子機に向けて集中的に電波を送信することで、実効速度が最大20%アップする。本体には、一時的にワンタッチで、ハイスピードモードからハイスピードプラスエリアモードに切り替える「ワンタイムHS+Aボタン」を搭載。

従来、ハイスピードプラスエリアモードを利用したあと、ハイスピードモードへの切り替えが面倒で戻し忘れるケースが多かったという。ワンタイムHS+Aボタンを利用すれば、一定時間後に自動的にハイスピードモードへと戻るため、意図せぬ帯域の無駄遣いが避けられる。LTE利用制限量(7GB/月)への到達による、128Kbpsへの減速を防ぐ通知&切り替え表示も搭載する。

また、バッテリー容量を2,890mAhから3,200mAhへとアップ。省電力モードも利用することで、連続通信時間がハイパフォーマンスモードで0.8時間、ノーマルモードで1.5時間、延長されている。

料金プランは「UQ Flat ツープラス ギガ放題」でルーター単体で2,800円、クレードルセットで5,500円となる(UQサイト直販価格)。また、現在利用中の機器の利用期間や契約プラン年数に応じて割引を適用する。22カ月以上の場合、0円で機種変更が可能だ。このほか、LTEオプション利用料1,005円が無料になる3年プランも用意する。発売日は11月1日。

○タッチ&トライコーナーの端末

最後に発表会会場のタッチ&トライコーナーに展示されていた端末の様子を写真で紹介する。

○arrows M04 PREMIUM

arrows M04 PREMIUMの主な仕様は下記の通り。

OS: Android 7.1

CPU: Qualcomm Snapdragon 410

内蔵メモリ: 3GB

ストレージ: 32GB

外部ストレージ:microSDXCメモリーカード(最大256GB)

サイズ: W71×H144×D8.0mm

重量: 約148g

ディスプレイ: 5.0インチIPS(1,280×720ドット)

アウトカメラ: 1,310万画素

インカメラ: 500万画素

LTE: Band 1/3/8/19/26

3G: Band 1/5/6/8/19

GSM: 850MHz、900MHz、1,800MHz、1,900MHz

バッテリー容量: 2,580mAh

連続待受時間: 640時間(LTE)、780時間(3G)

Wi-Fi: IEEE802.11a/b/g/n

Bluetooth: 4.1

SIM: nanoSIM

NFC: ○

テザリング: ○

GPS: ○

FeliCa: ○

ワンセグ: ○

カラーバリエーション: レッド、ホワイト、ブラック

○AQUOS sense

AQUOS senseの主な仕様は下記の通り。

Android 7.1

CPU: Qualcomm Snapdragon 430

内蔵メモリ: 3GB

ストレージ: 32GB

外部ストレージ: microSDXC(最大256GB)

サイズ: W72×H144×D8.6mm

重量: 約148g

バッテリー容量: 2,700mAh

Wi-Fi: IEEE802.11a/b/g/n

Bluetooth: 4.2

SIM: nanoSIM

テザリング: ○

NFC: ○

防塵・防水: IP6X・IP5X/8

カラーバリエーション: エアリーブルー、シルキーホワイト、ベルベットブラック

○Speed Wi-Fi NEXT WX04

Speed Wi-Fi NEXT WX04の主な仕様は別記事を参照のこと。