22日、鳳凰網は、iPhone Xに搭載されている新機能「animoji」の名称をめぐり、米アップルが日本企業に訴えられたと報じた。資料写真。

写真拡大

2017年10月22日、鳳凰網は、iPhone Xに搭載されている新機能「animoji(アニ文字)」の名称をめぐり、米アップルが日本企業に訴えられたと報じた。

記事は「アップルが日本のイーモンスターという企業に訴えられた。理由は、iPhone Xの宣伝においてイーモンスターが米国で商標登録している『animoji』を使用したというものだ」とした。

iPhone Xに搭載された「animoji」は、顔認証システムを利用して、動物など12種類のキャラクターのいずれかにユーザー自身の表情を反映させることができる機能。イーモンスターが商標登録しているという「animoji」は、アニメーション付きのメッセージを送信できるメッセンジャーアプリだ。イーモンスターの「animoji」は最終更新が2014年となっており、すでに3年間バージョンアップが行われていない。

記事は「両者の機能がある程度似ており、いずれもiOS上で用いられることから、法廷はどちらかの使用停止もしくは改名を求める可能性が高い。もしそうなれば、アップルはanimojiをアプリストアから強制排除するかもしれない。イーモンスターによる勇気ある行動の結果は、どうなるだろうか」と注目を示している。(翻訳・編集/川尻)