モデルでタレントの藤田ニコルが23日、ダイバーシティー東京プラザで開催された『ViVi Night in TOKYO 2017』でViViモデルとしてランウェイデビュー。藤田は「ファッションをたくさん発信できるモデルさんになれるよう頑張ります」と意気込んだ。

 『ViVi Night in TOKYO』は、ファッション誌『ViVi』の主催するイベント。昨年は10月末のハロウィーンの時期に開催され、専属モデルたちが仮装を披露するなど盛り上がりを見せた。今年はドレスコードを「DISCO」とし、それぞれのモデルたちが煌びやかな衣装で登場。

藤田ニコルと古畑星夏

 その中で藤田は、淡いブルーのドレスに紫色にファーとジュリアナ扇子を持ち、同じタイプで赤いドレスを着た、新ViViモデルの古畑星夏と肩を並べランウェイを歩いた。

 ステージを終え、古畑は「凄く緊張しているんですけど、皆さんに会えて嬉しいです」とコメント。藤田は「初めまして。出ると言っていなかったので、(私の)うちわとかあるかな? と思っていたのですが、あってよかったです。ありがとうございます」と先日ViViモデルとなることを発表した後、初のサプライズ登場となったが藤田を快く迎えてくれたファンに感謝した。

 さらに藤田は「本当に緊張しかしていなくて…2人でどうしよう、どうしようと言ってたよね」とステージ裏で緊張していたことを明かした。

 最後に、藤田は「ファッションをたくさん発信できるモデルさんになれるよう頑張ります」と意気込んだ。古畑は「大好きな雑誌をたくさん盛り上げていけるように頑張ります」とアピールした。【取材=松尾模糊/撮影=木村陽仁】