ありえない?「ボールペンに1000円」で世界が変わります

写真拡大 (全22枚)

高機能なボールペンが登場し、自分買いのビジネスマン層に新たなニーズを開拓しています。書き心地はもちろん、インクへのこだわりを貫いたものなど、美文字を生む高性能ボールペンとタッチペン付きボールペンに注目してみました。


書き味滑らか+鮮やかで濃い筆記線
エマルジョンインク搭載のフィラーレ


油性のしっかり感と水性の軽さを合わせ持つエマルジョンインクを搭載し、「書き味滑らか」+「鮮やかで濃い筆記線」を実現したゼブラのフィラーレ。手になじむ流線型で奥深い色合いが高級感を演出しています。



ゼブラ
エマルジョンボールペン フィラーレ
実勢価格:1327円
全長:142
重さ:42g
ボール径:0.7
ボディカラー:ブルー、ブラック、レッド、ホワイト



内部構造もしっかり。適度な重みが書きやすさを実現しています。



滑らかな書き味と、仕上がりの美しさもgood。


ペン先の適度な重みで安定の筆記感
滑らかな操作性のジェットストリーム


ノック式油性ボールペン三菱鉛筆のジェットストリームは、滑らかな操作性と高級感がビジネスパーソンに人気の理由。ペン先に適度な重みが加わり、安定した筆記感を生みだします。



三菱鉛筆
ジェットストリーム プライム シングル
実勢価格:1354円
全長:146.8
重さ:13.5g
ボール径:0.5、0.7



先軸は真鍮、後軸はステンレス製。ペン先に適度な重みが加わり、安定した筆記感です。


書き出しスムーズなアクロドライブ
低粘度インキで滑らかな筆記を実現


ペン先に回転繰り出し式を採用しているパイロットのアクロドライブ。スムーズな書き出しで、粘度の低いアクロインキの滑らかな筆記を実現しています。



パイロット
アクロ ドライブ
実勢価格 : 2272円
全長:134
ボール径:0.7
ボディカラー:ダークグレー、ピンク、パールホワイト、シルバー、カッパー、ダークブルー



低粘度油性インキ「アクロインキ」使用で書き心地滑らか。

また、スマホやタブレットの普及で生まれたボールペン付きタッチペン。機能性の追求だけでなく、ユーザーの特性や生活スタイルに合わせたペンが登場しています。ボールペン付きタッチペンの使いやすさも比べてみました。


軽量だから滑らかに操作できて
手帳も端末も心地良い書き味


軽く滑らかにスマホを操作でき、ビジネスシーンにもマッチする軽量ボディ&シャープなデザイン。

特殊繊維を植毛した「Agファイバーチップ」搭載のタッチペンは軽く滑らかにスマホを操作でき、ボールペン部分も「ジェットストリーム」インク搭載で、心地よい書き味を実現しています。



三菱鉛筆
ジェットストリーム スタイラス
実勢価格:1081円
全長:136.2
重さ:15g
ボール径:0.5
インク色:黒、赤、青
ボディカラー:ボルドー、シルバー



アナログ、デジタルともに滑らかに操作できるのが魅力です。


感度の高いゴムで軽い操作性&
ジェルインクでさらさらの書き心地


小さなポーチにもすっぽり収まるコンパクトなツイスト式ジェルボールペン付きスタイラス。

ボールペンは、さらさらした書き心地の「ジェルインク」、タッチ部は感度に優れたソフト導電性シリコンゴムで軽い操作性を実現しています。スリムでコンパクト女性にも握りやすいサイズが魅力。



ゼブラ
フォルティア スタイラス
実勢価格:385円
全長:102.7
重さ:11g
ボール径:0.5
ボディカラー:黒、白、ブルーグリーン、マゼンタ、ピンク、紫



ハンドバッグやポーチにもすっぽり収まって、カラーもキラキラ仕様。


伸縮するから小さくても書きやすい
ゼブラ SL-F1mini スタイラス


伸縮するコンパクトサイズで普段はポケットに入る、スマホユーザーを意識したスライド式タッチペン。小さくても書きやすいです。中芯の交換は、ゼブラの豊富なラインナップから選べます。



ゼブラ
SL-F1mini スタイラス
実勢価格 : 648円
全長:83弌平長時107弌
ボール径:0.7
ボディカラー:黒、ピンク、ライトブルー、白



伸び縮みするコンパクトサイズで収納性も高いです。


素材までこだわった高級感溢れる
ドイツ製のビジネススタイラス


50万回のプレステストに合格したスタイラスチップ搭載のマルチタスクペン。レーザーなど、素材にもこだわりがあります。贈答用にもGood!



オンライン
ビジネススタイラス
実勢価格 : 5400円



レザー仕様で使うほどに味わいが出る大人のペン。



ローズウッド仕様。ボールペンの他、ペンシルもあります。



スタイラスチップを搭載しています。

定番ボールペンと新感覚のボールペンでは、どのくらい書き心地が違うのでしょうか? 誰もが知っている定番商品ぺんてるのボールPentelmと三菱鉛筆のユニボール エアとを比べてみました。


安心の書き心地VS新感覚ボールペン
美文字度が高いのはユニボール エア



三菱鉛筆
ユニボール エア
実勢価格 : 208円
全長:140
ボール径:0.5



ぺんてる
ボールPentel
実勢価格 : 108円
全長:200
ボール径:0.6



誰もが知っているぺんてるのボールPentelも機能性、書き心地、コスパともに優れていてオフィス用としても人気ですが……



万年筆のように文字に表情を付けられるユニボールエアに軍配! 書き方、筆圧で描線幅を変えられ、トメ・ハネ・ハライもバッチリ。美文字度が高いです。

機能性の追求だけでなく、ユーザーの特性や生活スタイルに合わせたペンも続々と登場しています。用途や生活ニーズに合わせて賢く使いましょう。


360.life(サンロクマルドットライフ)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。広告ではない、ガチでテストした情報を毎日お届けしています。