インテリア上手な人がよく口にする「抜け感」という言葉。パリで暮らした経験をもとに、ものが多くてもおしゃれに見える“フランス式収納”を紹介している正林恵理子さんも、「部屋にものが多いと、スペースをフル活用するのが上手な収納と考えがちですが、じつは適度な“抜け感”も必要なんです」と語ります。わかるようでわからない「抜け感」…その極意を詳しく教わりました。フランス式収納のルール「収納に抜け感をつくる」

「フランス人は、棚の上にあえてものを置かずにいて、来客時におもてなし道具を並べたり、置き場に迷う小物の一時置き用にするなど、フリースペースとして活用していました。見た目だけでなく、そんな合理的な考えも併せもつテクニックこそ、フランス式収納術なんです」。確かに、棚の中も上下も隙間なくつめてしまうと、1枚の壁のようで圧迫感が出てしまいます。逆に“余白”をつくってあげると、目線が奥までスッと抜け、心地よく感じるそう。●意識的に余白をつくることで、ものの多さをカモフラージュ

同じ量のものでも、収納の仕方次第で、見え方はぐっと変わります。見て楽しく、使いやすい収納を目指すなら、余白が必須。「収納スペースをいくつかのエリアに分け、上にいくほど余白をもたせるようにすると、バランスよく見えます」。Before&Afterで違いを見てみましょう。【Before】


窮屈…収納スペースいっぱいにものを収めた状態。とくに上部が隙間なく埋まっているので、全体的に重い印象。存在感が増し、部屋を狭く見せてしまいます。【After】


広く感じる!容量の多い収納アイテムを下部にまとめ、上部に余白をつくると、密度のメリハリでものの多さが気になりません。大きいものや濃い色のものを下にもってくると、安定感が出ます。●<余白づくりの実例1>洗濯コーナー


洗濯コーナーのオープン棚に重ねたクロスは、1段の半分程度の高さにとどめておきます。いちばん上の右端には、あえてなにも置かないスペースをつくると視覚的にも効果的。一時的なものの置き場としても活躍します。●<余白づくりの実例2>キッチンの壁面


ワイヤ製のキッチンパネルは、いちばん上に並べたビンとつるしたツールの境界を、あえてゆったりとさせて設置。余白をつくっています。これで、すっきり感と取りやすさを両立することができました。【コラム 重心が下にくるように置いて、視覚的な安定感を】

棚などのなかのものは、下にどっしりと重心をかまえ、上を軽やかに見せる配置にすると、視覚的にも安定感がでます。「一歩引いて全体を見ながら、バランスよく置いていくのがポイントです」。


正林さんのお宅のキッチン家電をまとめた棚も、重量感のあるものを下に、軽いものを上に収納。意識してゆとりをもって置いているので奥まで目線が届き、向こうに抜ける感じが増すことに成功しています。
正林恵理子さん●教えてくれた人
【正林恵理子さん】
お菓子づくりを学ぶためにパリに1年間滞在。帰国後、助産師として働きながら、自宅カフェを開き、自作のお菓子を身近な素材でかわいく包むラッピング術を考案。包装作家として活動しつつ、パリのエッセンスを暮らしに取り入れた日々を楽しんでいる。著書に『パリで学んだ部屋づくり』(耷出版刊)など。

<撮影/山田耕司 取材・文/ESSE編集部>