エフゲニア・メドベージェワ【写真:Getty Images】

写真拡大

GPロシア大会で圧勝、ISUのロッカー潜入動画でボブロワと“どっきり登場”に反響

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ・ロシア大会は22日に行われたエキシビションで幕を閉じた。GP初戦から男子シングルの世界王者・羽生結弦(ANA)が出場するなど、大きな注目を集めたが、国際スケート連盟(ISU)は公式インスタグラムで“舞台裏”を公開。女子シングルで優勝した世界女王エフゲニア・メドベージェワ(ロシア)が“どっきり登場”するおちゃめな動画を掲載し、反響を呼んでいる。

 氷上で妖艶な演技を見せ、圧勝を果たした世界女王。しかし、リンクを離れれば、17歳の少女の素顔をのぞかせる。ISUはインスタグラムは「GPフィギュアの女子ロッカールームを見てみよう」と題して動画を掲載。舞台裏に潜入した映像を掲載しているが、おちゃめに現れたのがメドベージェワだ。

 映像は誰もいないロッカールームの中からスタート。物音ひとつしない空間では、花束、ペットボトルの水にバナナなどの軽食を映し出し、カメラはだんだんと右方向にスライドしていく。選手のチームジャージがハンガーにかけられたり、椅子に置かれたりしている様子が順々に映し、ほぼ一周しようとした次の瞬間だった。

 椅子に座ったアイスダンスのエカテリーナ・ボブロワとしゃがみ込んだメドベージェワがいきなりフレームイン。驚かすようにして両手を挙げながら叫び声を上げ、いたずらっぽい笑顔を振りまいた。なんとも微笑ましい動画に対し、海外のファンから「とてもかわいらしい!」「愛らしい!」「彼女たちは全てにおいて素晴らしい!」「笑顔がスイート!」などと反響を呼んでいた。

 メドベージェワは平昌五輪金メダル最有力で、ボブロワもソチ五輪団体で金メダルに貢献した実力者。地元開催のリンク内外でファンを魅了した2人は、GPシリーズはもちろん、今季のフィギュア界を盛り上げていってくれるだろう。