出典:https://www.shutterstock.com

女性のギャップにとても弱い男性は多いもの。またギャップの意外性が大きいほど、心も大きく揺さぶられてしまうようです。

たまにはいつもと違う一面を見せてあげると、気になる男性をドキッとさせることができるでしょう。

そこで今回は、男がコロッとやられてしまう“女子のギャップ”を紹介します。

 

■「ちょっと抜けたところ」がある

普段はしっかりもので仕事もバリバリこなすような女性が、ふとした瞬間にちょっとドジな一面や天然な部分を見せたりすると、男性は思わずキュンとなってしまいやすいです。「かわいらしいところもあるんだな」とほっこりするような気分にもなるかも。

まったく抜けた部分がなくいつでも完璧な女性だと、男性は近づくこともためらってしまうことがあります。でも、ちょっと抜けた部分も持っていてくれると、そこに隙を感じることができ、より親近感をもってくれるようになるでしょう。

 

■ふと「弱い一面」を見せられる

いつも強気であまり他人に頼らないないような女性が、ふと弱い一面を見せて落ち込んでいたりすると、男性はかなり心を揺さぶられます。「なんとかして力になってあげたい」と思ってしまう瞬間でもあるでしょう。

“弱い一面を見せる”というのは、実は多くの男性がコロッと落ちやすい瞬間です。気になる男性に対しては、たまには弱い部分も見せて頼ってあげるのが効果的。ふだんは強気な女性が、オバケや虫、雷などを怖がったりする姿に「守ってあげたい」とキュンキュンしてしまうことも。

 

■急に「セクシーな姿」を目にする

カジュアルな服装やパンツスタイルが多い女性が、急にドレッシーな格好をしたり、ミニスカートやちょっと露出のある洋服を着てきたりするのもよいギャップです。突然の“セクシーさを感じさせる装い”に、思わずコロッとやられてしまうかも。

男性は、どんなに仲良くなっても“女”を感じることができない女性のことは、恋愛対象としては見ることがむずかしいもの。だからこそ、気になる男性に対して、ときにはセクシーな姿で色気を感じさせることも大事ですよ。

 

■実は「家庭的」

多くの男性がギャップを感じる瞬間として“家庭的な一面をみたとき”があります。料理など家事全般が苦手そうな女性が、テキパキと家事をこなしているのを目にすると、かなりの好印象をもってくれるはず。

「家事が得意じゃなくてもいいけれど、できるほうが嬉しい」と思う男性は多く、家庭的な女性は男性人気も高いでしょう。もしも料理に自信があるのであれば、会社にお弁当を作っていったり、BBQや鍋パーティーなどで率先してお手伝いしたりすると、よいギャップをアピールできるでしょう。

 

女性の意外なギャップを目にしたとき、男性は内心ドキドキしているものです。そのドキドキがキッカケになり、異性としても意識するようになることもあるでしょう。気になる男性にはギャップを見せることも大切ですよ。

【画像】

※  ProWeddingStudio/shutterstock