ViVi専属モデルのトリンドル玲奈、河北麻友子、八木アリサ、玉城ティナ、emmaが23日、東京・ダイバーシティー東京プラザでの『ViVi Night in TOKYO 2017』開催を控え、囲み取材に応じた。

 『ViVi Night in TOKYO』は、ファッション誌『ViVi』の主催するイベント。昨年は10月末のハロウィーンの時期に開催され、専属モデルたちが仮装を披露するなど盛り上がりを見せた。

 今年はドレスコードを「DISCO」とし、トリンドル玲奈、河北麻友子らはそれぞれ、ディスコをイメージさせる煌びやかな衣装で登場した。

囲み取材前に撮影に応じる、左からemma、八木アリサ、トリンドル玲奈、河北麻友子、玉城ティナ。テーマはディスコ。アムラーを感じさせる90年代ファッションで登場した

 この日は、新たに専属モデルとして加わった古畑星夏(21)と藤田ニコル(19)が参加する予定。事務所の先輩でもある河北は「一緒に『ViVi』盛り上げていきたいと思います」と藤田との共演に意気込んだ。

 その藤田は先日、同誌専属モデルが発表された際に、一部ファンから「納得がいかない」と批判を浴びていたことを明かしている。

 ファッションショーなどで共演が多いトリンドルは「スタイルがいいな、可愛いなと思っていました。黒髪にしたのもテレビなどで知っていたので。一緒に『ViVi』モデルになれて嬉しいなと」と同じ誌面を飾ることを喜んだ。

 また、記者からモデルの上下関係などについて質問されると、玉城は「厳しい上下関係はないです」と言い、河北も「バチバチはしていないです」と和気あいあいとした関係であると語り、この場にいた全員が口を揃えて、彼女らを歓迎すると笑顔を見せた。【取材=松尾模糊】