10月23日、「JPN TAXI(ジャパンタクシー)」の出陣式がお台場のMEGA WEBで開催されました。トヨタからは豊田章男社長、佐藤康彦専務、トヨタの「コネクティッド」関連のキーマンであり、現GAZOO Racing Company Presidentである友山茂樹氏が出席。

来賓には、国土交通省大臣の石井啓一氏、全国ハイヤー・タクシー連合会会長兼東京ハイヤー・タクシー協会会長の川鍋一朗氏のほか、各会社から選び抜かれたタクシードライバーの方々も集結しました。

「JPN TAXI(ジャパンタクシー)」の車両は、新開発のLPGハイブリッドシステムの搭載が目玉で、19.4km/Lという燃費を実現。

また、友山茂樹氏は、都内に配置される500台のタクシーに搭載された通信型Driveレコーダーの「TransLong」による走行画像や車両データにより得られるレーン別渋滞情報をスマホ向け「TC スマホナビ」に配信するサービスを2018年春から開始すると発表しています。

プレゼンでは、出陣式の時間に走行している東京駅周辺のビッグデータを表示し、さらにその中から選んだタクシー車両からの生の映像を披露。

豊田章男社長は、2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けて、海外から来たお客さんに「日本のタクシーはこんなに素晴らしいと感じていただければとコメント」。

数多くのタクシー会社関係者が参加していましたので、出陣式の最後に「ぜひ、この次世代タクシーのJPN TAXI(ジャパンタクシー)に順次、買い替えをしていただければ!!」とトップセールスをしていました。1時間以上の出陣式の中で最も笑いを誘ったシーンで、多くのタクシー関係者、タクシードライバーの心を掴んでいたのはさすがです。

(文/写真 塚田勝弘)

次世代タクシー「JPN TAXI」出陣式で豊田章男社長が会場から笑いを誘ったひと言とは?(http://clicccar.com/2017/10/23/523602/)