一色まことの漫画『ピアノの森』(講談社・モーニング)のテレビアニメ化が決定した。2018年4月よりNHK総合テレビにて放送予定。

【さらに詳しい元の記事はこちら】

 『ピアノの森』は天才的なピアノの才能をもつ一ノ瀬海(カイ)が主人公。カイは小さいころに街外れにある森の中で、捨てられたグランドピアノと運命的出会いを果たす。そこで自由にピアノに触れるうちに音楽の魅力にとりつかれるが、本格的ピアノレッスンを望んでも受けることができない複雑な家庭境遇に置かれている。しかし、ピアノの元持ち主であり、元ピアニストの阿字野壮介との出会いにより、周囲の助けもかり徐々にその才能を花開かせ、やがてショパン・コンクールに挑戦するまでになる。

 今回のアニメ化に際し、日本コロムビアの特設ページにて、子供時代の演奏ピアニストの募集が行われている。募集キャラクターは、一ノ瀬海、雨宮修平、丸山誉子。募集年齢は6歳以上〜15歳まで。選ばれた人は、12月に行われるレコーディングに参加することとなり、番組エンディングにて名前がクレジットされる。モーツァルト「ピアノソナタ第2番」(全曲)を必須課題曲とし、ショパン「子犬のワルツ」、ショパン「華麗なる大円舞曲」どちらか。応募詳細については、日本コロムビアの特設ページを確認してほしい。

※画像はアニメ『ピアノの森』公式サイトのスクリーンショットです。