「北九州連続監禁事件」犯人の息子にメディア初インタビュー、視聴率10%超え

写真拡大

フジテレビにて10月22日に放送された『ザ・ノンフィクション』(毎週日曜14:00〜)が、番組平均視聴率10.0%を獲得したことがわかった(※ビデオリサーチ調べ/関東地区)。

同番組が10.0%以上の視聴率を記録するのは、2010年5月23日の10.4%以来、約7年半ぶり。さらに、22日の放送は同時間帯横並びトップとなり、瞬間最高視聴率12.4%を記録した。

放送内容は、「人殺しの息子と呼ばれて…後編」と題し、2002年に発覚した北九州連続監禁殺人事件の犯人の息子(24歳)が、初めてメディアのインタビューに答えたもの。15日に放送された前編も視聴率6.3%を記録するなど、放送後に大きな反響があったという。