『ひよっこ』のスピンオフ感?岡田惠和脚本の新ドラマに注目!

写真拡大

沢村一樹が主演を務める新ドラマ『ユニバーサル広告社〜あなたの人生、売り込みます!〜』(テレビ東京系列、毎週金曜20:00〜)が、10月20日よりスタート。NHK朝の連続テレビ小説『ひよっこ』のキャストが多く出演しており「『ひよっこ』ロスに良い!」「『ひよっこ』のスピンオフ感」との声が挙がっている。

同ドラマは、累計37万部を売り上げた直木賞受賞作家・荻原浩の人気シリーズ『ユニバーサル広告社』が原作。ドラマでは、原作シリーズの中から「花のさくら通り」を映像化。港町の寂れたシャッター商店街に事務所を移転した「ユニバーサル広告社」の奮闘を描く。

また、脚本は岡田惠和が担当。『ひよっこ』後、初めてドラマ脚本を務めることとなる。出演者にも、主演の沢村をはじめ、和久井映見、三宅裕司、やついいちろうという『ひよっこ』に登場した人気俳優が集結している。

本作の主人公・杉山利史(沢村)は、元“売れっ子広告マン”。自信過剰で大手代理店を飛び出すも、職に就けず、弱小代理店「ユニバーサル広告社」社長・石井健一郎(三宅)に拾われるが、会社は移転を繰り返し、遂に港町の寂れた商店街に拠点を移す。

第1話では、移転した当日に取引先から、結婚式場のポスターの制作し直しの指示が舞い込む。なんと、期日は本日中。「できねぇだろ、こんなの」と落胆するメンバーに、杉山は「それが醍醐味だろ、俺たちの仕事の。できるよ、おれたちは、な!」と勢い付ける。

そして、純喫茶「ジュルビアン」の看板娘・さくら(和久井)に口頭でアンケートを取り、なんとかプレゼンを通したユニバーサル広告社の面々。キャッチコピーは「人生の花は、いつ咲いても美しい。〜かわいらしく、華やかに、大人婚を応援する鶴亀会館〜」。無事に採用された広告社の面々が事務所で乾杯する中、「ジュルビアン」では、「広告社の人たち、この商店街をなんとかしてくれますかね」と淡い期待も芽生えていた……。

放送後、インターネット上では、やはり『ひよっこ』と比較する声が多数。内容は「『ひよっこ』が好きだったので気になって見たけど、原作ものとはいえ、岡田さんらしい優しい世界だ」「ユニバーサル広告社見たんだけど、『ひよっこ』ロスにはホント嬉しい!」「実質、『ひよっこ』2期だよな。脚本が岡田さんだし、沢村さん、和久井さん、やついさん、三宅さんの4人が出てるってのが。 ストーリーは違うと思うけど、『ひよっこ』ロスの方には良いかもしれない」「『ひよっこ』のスピンオフを見ているようだ」など、絶賛の声が挙がっていた。