銀座にハイレベルな英仏会話ラーニングセンターが誕生!「Rosetta Stone Premium Club」

写真拡大 (全7枚)

ディーンモルガン株式会社は、銀座エリア最大の商業施設「GINZA SIX」において、よりネイティブに近い語学力を目指す人たちを対象にした「ロゼッタストーン」ブランドのプライベートレッスン英仏会話Club「Rosetta Stone Premium Club」の誕生を発表。2017年10月14日よりクラブの運営開始を発表した。それに先駆け、記者発表会および内覧会が2017年10月12日に開催されたのでその様子をお伝えしよう。当日は、ファッションモデルのアンミカさんをゲストに迎え、トークセッションが行われた。

■目的に合わせたカリキュラム
発表会は、ディーンモルガン株式会社代表取締役Dean R. Rogers氏(Dean社長)の挨拶から始まった。

ロゼッタストーン・ラーニングセンターは、質の高い講師によるマンツーマンレッスンや、授業に集中できるオンラインレッスンノートなど、世界トップクラスのeラーニングソリューションを組み合わせた高品質な語学スクールだ。世界で3万7000以上の機関、500万人が利用するオンライン語学学習ソフトウェアの有名ブランド「ロゼッタストーン」を学習メソッドに組み込んでいる。

これまで培ってきたロゼッタストーン・ラーニングセンターのノウハウを活かした「Rosetta Stone Premium Club」は“Luxury Language Lounge”をコンセプトとし、経営レベルの人やセレブリティーな方を対象として、最高級の空間で最先端のテクノロジーを活用した言語学習を行う英仏会話Clubとして誕生した。

そのため、大学院修士課程・MBAなどを取得したプロフェッショナルな人たちを講師陣としている。普通の英会話スクールとは一線を画すエグゼクティブなものとなっている。

「大学院を卒業したレベル、あるいは経営経験がある人を講師陣に置いているのは、弊社くらいしかないと思います。」とDean社長。

授業内容としては、その人のビジネスやライフスタイルに対応したカスタマイズした語学学習を提供。後述する最先端のテクノロジーを活用した学習も大きな特徴となる。

現在、ラーニングセンター直営6校、Premium Club直営1校。クオリティの高い語学教育サービスを日本全国で展開しているリンクアカデミーのオンライン教室57校とともに、全国64拠点に展開している。

「2020年までに日本で“TOP 5 Brand”の語学スクールを目指します。」とDean社長は語る。具体的な数字は2020年中には、受講生 合計1万人を目標とし、エグゼクティブでハイニーズな語学スクールとしての知名度を高めたい構えだ。
ディーンモルガン株式会社代表取締役Dean R. Rogers氏
■英語を勉強すれば、平和に繋がる
トークセッションでは、ファッションモデルのアンミカさんをゲストに迎え、語学教育についてのトークが行われた。アンミカさんは高校卒業と同時にパリに移住し、20歳でパリコレモデルとして脚光を浴び、現在もモデルの傍ら、テレビやラジオで活躍している。Dean社長とも縁があり、アンミカさんのパートナーのゴルフ友達が同社長だという。

今では英語に堪能なイメージのあるアンミカさんだが、当時は英語が「レロレロ」にしか聞こえず、大変苦労したそうだ。外国人と結婚して、パーティーで友人を呼ぶと、どうしても英語を話すことになる。

アンミカさんは英語を話す必要に迫られ、「しゃべれなくても交流したい気持ちが大事で、そこから言葉を乗せていこう。」という気持ちで話すことから始めたそうだ。

「平和というのは結局、違う国の人の友達を作ることだと最近気づいた」(アンミカさん)。「友達になろうと思ったら、しゃべること。しゃべれなくても気持ちは伝わるけど、しゃべれると、もっと伝わる。だからこそ、平和のためにも、自分の経験の宝物のためにも、英語を学んでいただきたい。私も一生懸命頑張ります。みんなで英語を勉強して、人との関わりを増やしていけたら、平和につながるのではないかと思います。」とアンミカさん。