[マドリード 23日 ロイター] - スペインのサエンスデサンタマリア副首相は23日、カタルーニャ自治州の独立問題について、上院が中央政府による直接統治を認める憲法155条の発動を承認すれば、同自治州のプチデモン首相はすべての権限を失い、給与の支払いも停止されると述べた。

ラジオ・インタビューで明らかにした。

副首相は、上院が直接統治を承認すれば、中央政府の代表1人を同自治州に一時的に派遣する可能性があるとも述べた。

上院は、27日に155条発動の是非を採決する予定。