共同主催の2組。左からTANEBI・杉山勝彦、上田和寛、SHAKE・大野瞬、大野陸

写真拡大 (全15枚)

9月18日に開催・放送された「ミュージックステーション ウルトラFES」(ウルトラFES)では、初の出演者オーディションを実施した。選ばれた1組と、惜しくも出演を逃したアーティストたち。

【Mステに出演できなかったアーティスト7組が集結 「裏虎FES」で何が行われたのか? の画像・動画をすべて見る】

今回は後者のその後にフォーカス。番組と同日、まさにウルトラFESの裏側で開催されたイベントに注目したい。

取材・文:嘉手川裕太

ファイナリストたちがMステの裏側で開催

6月から開催されていたオーディション「Mステへの階段」では、書類と動画/音源による1次審査、Web投票による2次審査を経て、10組が9月2日の最終選考に進んだ。その結果、徳島のバンド・POLUが番組への出演権を勝ち取った。

敗れたアーティストたちは、悔しさに打ちひしがれているのかと思いきや、ウルトラFESと同日、ファイナリストたちが集まってライブイベントを開催していた。

これは、「Mステに出演できなくても、何か面白いことをやりたい」と考えたアーティストが、ファイナリストメンバーによるライブを発案。TANEBIとSHAKEという2組の共同主催で「ミュージックステーション 裏虎FES〜ファイナリスト集結〜」(裏虎FES)を開催した。

出演者は主催のTANEBIとSHAKEに加え、なすお☆、情熱マリ子、フェイクブルー、中村伊織、みかんサイダーの7組だ。

ファイナリストの実力派ミュージシャンがつくり出す濃密な音楽の世界に、これから記事を読む皆さまを招待しよう。

トップバッターは珍曲「湯」を持つ中村伊織

「裏虎FES」トップバッターは、キュートな歌声でアコースティギターを弾き語る、女子高生ミュージシャン・中村伊織。彼女が作詞・作曲した「湯」は、一般的に作詞で使わない言葉を用いた一風変わった曲だ。本人は「『湯』という変わった曲なら、曲名で人を惹きつけられそうだと思った」と語っている。

彼女はMステに出れば「大好きな奥田民生と共演できそう」と思ってオーディションに応募したそうだ。この日も持ち前の明るさと珍曲「湯」で会場を盛り上げた。

その後行われた高校の文化祭では、部活動のバンドとしてステージに立ったところ、予想外の大反響。「ヤバい生歌だ!」という声が聞こえてくるほど、オーディションに参加したことで、学校では有名人になったようだ。

1. それなりに
2. 三丁目のメリークリスマス
3. 溺れるライフ
4. 湯中村伊織セットリスト

タイトルで人を惹きつけたいという思いから生まれた「湯」。「今日も今日とていい湯だな!」の掛け声で、会場の観客と一体になっていた。

熱いパッションのロックバンド・フェイクブルー

左からベースのひかり、ボーカルのきゃない

2組目はギター/ボーカルのきゃないが率いるバンド・フェイクブルー。他のメンバーはベースのひかり、ドラムのかれん、キーボードのはるか。男性1人に女性3人という、ロックバンドとしては珍しい構成になっている。

その特徴は何と言っても、ボーカル・きゃないのパッション溢れる歌。「オーディションでは丁寧にパフォーマンスしたけど、本当は熱くなっていく!」という言葉の通り、あの時とは違うフェイクブルーを見た気がした。音楽に対する熱い思いを感じるステージだった。

きゃないだけが目立つように思われるバンドだが、それぞれの楽器がしっかりストーリーをつくり出し、主人公を引き立てている。エモくてロックな4人組だ。

熱いパフォーマンスを見せるきゃない

1. HALLO(short.ver)
2. サイダー
3. 私の半分
4. 夕暮れ
5. HALLOフェイクブルーセットリスト

曲のストーリーを引き立てるのが上手いバンドなので、一曲一曲が胸の奥に響いてくる。大阪からはるばるやってきて会場を盛り上げてくれた。

歌って踊って弾ける、すごいぞ! 情熱マリ子

3組目は、「歌う、踊る、弾く」の三拍子が揃ったシンガーソングライター・情熱マリ子。

歌っているときは音楽に対する情熱をものすごく感じるが、なんとも不思議なことにトークになるとその雰囲気は一変。とても謙虚な女性が姿を現す。そのギャップがたまらなく会場を盛り上げる。

そんな謙虚な情熱マリ子は、「本家(ウルトラFES)を見ずに裏虎に来てくれてありがとう、うれしいです」と感謝を伝えると、当日の悪天候に触れつつ「晴れてよかった、去年1月から晴れ女をやらせてもらってるんです」と会場の笑いを誘った。

パワフルな歌に加え激しいダンスが特徴的で、今回もその両方で観客を魅了した。

1. ありのまま
2. 生き物
3. 人間として人間らしく人生を汚したい情熱マリ子セットリスト

「Mステ落ちてクソ悔しいけど自力で出る」と熱く語った彼女。その情熱で今後もファンを増やして、どんどん音楽界を盛り上げてもらいたい。

ちょっと変わった不思議な2人組・みかんサイダー

左からあき、ちなつ

折り返しの4組目は、中高生など若者からの人気が高い2人組・みかんサイダー。初めて聞いたときに「ファンタオレンジ?」と思ったことは内緒である。

なんの変哲もない2人組に見えるが、実はすごく変わっていて、歌詞の中に「リア充」や「うち」など現代の若者が使うけど、作詞では使わないよね?という言葉を多く使っている。それが中高生にの支持を集める理由かもしれない。

そして「今日は皆さんをファンにさせる気できた、だから皆さんファンニなってください」とグダグダトークの中にも面白さ抜群のトークを盛り込んでくる。

1. 学校行きたくない
2. 初恋サイダー
3. なまけもの
4. みかんサイダー自己紹介+勝手に作った、「世界の果てまでイッテQ!」(日本テレビ系)お祭り男テーマソングみかんサイダーセットリスト

夢は「『世界の果てまでイッテQ!』のメンバーになることと、ドームツアー」だそうだ。夢はでっかく根は深く、目指せ音楽で世界征服。

ワールド全開! カラフルセンチメンタルシンガー・なすお☆

5組目は溢れ出すような元気と、清涼感溢れるエンジェルボイスが聴き手をはつらつとさせるカラフルセンチメンタルシンガー・なすお☆。

彼女の凄さは音楽だけにあらず。サイン入りのボールを用意して、客席に投げ込むなど、会場を盛り上げるのがうまい。「裏虎FES」でも、なすお☆ワールド全開で会場は熱狂。

さらに「ライブに来てくれることが幸せ、自分の歌でこの何倍もの幸せを届ける」という言葉にも胸を打たれた。

「スマイルヒーロー」のような元気あふれる曲から「キラキラ」のようなバラードまで、丁寧に歌いこなす彼女は未来の音楽界を牽引するヒーローだ。

1. スマイルヒーロー
2. うそつきピエロ
3. きらきらなすお☆セットリスト

ライブ終了後、物販に立ち寄った人にはCDをプレゼントするという大胆な企画にも度肝を抜かれた。

「CDをつくっても手に取ってもらえなかったらただのモノ。活動を始めたときは東京でライブなんて考えられなかった」。そんな思いから至った企画なのだろう。

シルキーボイスで大人かっこいい兄弟・SHAKE

大野瞬

6組目は共同主催のSHAKE。大人かっこいい兄弟が織りなす息の合ったハーモーニー、心が包み込まれるようなシルキーボイスがとても心地いい。イケメン兄弟でこの音楽はズルい。

「Mステに出ることは夢ではなく目標の1つ。これから、もっともっと大きな夢を追いかけていく。けど、オーディションではかけがえのないものをたくさんもらった。その先を目指して歌い続けたい」

今回、参加したミュージシャン全員に共通しているかもしれないが、あくまでも「Mステは目標の1つだ」だ。その先には、もっと大きなものが待っている。これからも兄弟でかっこよく前へ前へ進んで、最高の夢をつかんでほしい。

大野陸

1. ラブリーデイズ
2. STAND UP(TANEBIコラボ)
3. その先へSHAKEセットリスト

9月2日のオーディション後、すぐに決まったという「裏虎FES」だが、その短期間でつくり上げたTANEBIとのコラボ曲「STAND UP」は、2倍かっこよく見えた。「感動」の一言では片付けられない、1日限りの最高のステージだった。

音楽に対する愛情MAXの2人組・TANEBI

左から上田和寛、杉山勝彦

最後は作曲家・杉山勝彦とストリートシンガーだった上田和彦によるフォークデュオ・TANEBI。杉山の丁寧なギターとコーラスに、上田の力強く最後まで丁寧に歌い上げるボーカルが加わって感動を呼ぶ。上田は言葉の1つひとつを大切に歌うからか、表現力が非常に豊かで、聴き手の胸の奥まで曲を届ける力を持っている。

「音楽は誰かと誰かをつなげる役割がある。なので、音楽1つひとつに愛情を込めている」

その気持ちは会場にも絶対届いている。

1. ぐるり
2. 青空ジャンプ
3. スターマイン(SHAKEコラボ)
4. 再勇記TANEBIセットリスト

「Mステに出られないことは悔しいけれど、その悔しさを次の一歩につなげたい。ピンチはチャンス」

その悔しさを胸に、今後も日本中に感動を巻き起こしてくれるそうな2人組だ。

隠れがちだが全力投球のミュージシャンたち

もともとは戦う者同士、オーディション当日の楽屋では、一言も口を聞かないほどギスギスした雰囲気だったという。そんな彼らがこうして集まり、互いを尊重し協力してフェスをつくり上げる。

そこにある音楽の素晴らしさと「誰かと誰かをつなげる力」(TANEBI)、その意味を強く認識できる1日だったと思う。

それぞれ、Mステに出演できなかった悔しい思いはあるが、音楽にかける熱いパッションや思いを持ち合わせていることが、彼らの音楽や言葉から読み取ることができた。

「ミュージックステーション ウルトラFES」の裏で開催するという大胆な発想ではあったものの、当日の配信と合わせて500人以上が集まった。

それは、ファンだからという理由だけにあらず、「前に進もうと努力する彼らを全力で応援したい」「努力する姿に胸を打たれた」、そんな理由で集まった人も多いではないだろうか。

世間はどうしてもメジャーなミュージシャンに目が行きがちだが、その裏側では絶えず夢に向け努力している人がいることを忘れてはならない。

今後も未来のスターを応援する企画が増えることを祈るばかりだ。