パール・ジャム『レッツ・プレイ・トゥー』公開決定 シカゴ・カブス本拠地でのライブ模様を収録

写真拡大

 パール・ジャムのドキュメンタリー映画『レッツ・プレイ・トゥー』が、12月2日より新宿ピカデリーほかにて劇場公開されることが決定した。

参考:ドレスコーズ志磨遼平、映画『ギミー・デンジャー』を語る 「ストゥージズは僕の人生を変えてくれた」

 本作は、シカゴ・カブスがワールド・シリーズ・チャンピオンに輝いた2016年の8月20日と22日に、シカゴ・ カブスの本拠地リグレー・フィールドで行われたパール・ジャムのライブの模様を捉えたドキュメンタリー。バンドのボーカル、エディ・ヴェダーのホームタウンでもあるシカゴのリグレー・フィールドで、バンドのデビュー作『Ten』から最新作『Lighting Bolt』までの楽曲が披露されており、パール・ジャム25年のキャリアの集大成とも言えるライブ映像を味わうことができる。

 監督を務めたのは、これまで写真家としてジョニー・キャッシュ、2パック、 ビョーク、ブルース・スプリングスティーンなどを撮影し、パール・ジャムをはじめフー・ファイターズやトム・ウェイツなどのミュージクビデオを手がけてきたダニー・クリンチ。

 クリンチ監督は「僕の映画と写真を通じて、バンドやファンたち、そしてその地域の関係を描き出したかった」と語り、「映画の主役がパール・ジャムとシカゴ・カブス、彼らのファンであり、歴史的瞬間を経験したリグレー・フィールドだということだけで、この映画が傑作になることを約束していると思った。そしてその直感は正しかったよ。結果的にワールドシリーズ7試合を経て108年ぶりのシカゴ・カブスが優勝という未来に語り継がれるイベントを捉えることになったのだから。僕はこの経験から予期せぬ自体を楽しむことを学んだし、備えあれば憂いなしということも身をもって体験した」とコメントしている。(リアルサウンド編集部)