創業者はジェームズ・O・マッキンゼー(写真左)と、マービン・バウワー(写真右)

本記事は『アイコン的組織論』(フィルムアート社)からの抜粋。同書に掲載された「アイコン化した強い組織」の知られざる秘密について説明されている箇所を5日連続で紹介する。第1回はマッキンゼー&カンパニーの強さの秘密について。

マッキンゼー(あるいは「ザ・ファーム」というのが、従業員のお気に入りの呼び方だ)は、野心を持って学校を卒業した人たちにとって、働きたい職場として神秘的なほどの人気を誇っている。

ハーバード・ビジネス・スクールでMBAを取得した人たちがいちばん多く入社している会社で、2位のゴールドマン・サックスを大きく引き離している。影響力のあるキャリア・サイトVaultでは、過去10年間にわたり、働くのに最も誉れの高いコンサルティング会社、第1位になっている。

創業者はジェームズ・O・マッキンゼー

会社の設立は1926年で、創業者はジェームズ・O・マッキンゼーだ。設立当初から、彼のビジョンは最高の人材を集め、一流のクライアントのために働く、というものだった。マッキンゼー自身、シカゴ大学の教授だった。そして創業から6年後、マービン・バウワーと手を組むことになった。

彼はハーバード・ロー・スクールとハーバード・ビジネス・スクールの両
方を卒業し、名門法律事務所で働いていた。激動の数年(失敗に終わった合併や創業者マッキンゼーの突然の死、社内の分裂など)を経て、1939年にバウワーが、今日私たちが知っているアイコン的企業の基礎を、新たに構えたニューヨーク・オフィスで築いた(シカゴのオフィスは、A.T.カーニーとして運営を続け、現在でも一流企業にコンサルティング・サービスを提供している)。

マッキンゼーには毎年、膨大な数の入社希望者がいる。募集人数の何倍もの数だ。そしてその採用プロセスは業界で、最も厳しいと言われている。さまざまな国の優秀な人たちが、なぜ世界中を飛び回ったり、週60時間以上も働いたりすることも珍しくない環境に身を置きたがるのだろうか? 

答えは単純だ。業界の最高の人材が集まっている集団で、学びたいからだ。同社のあるコンサルタントは言う。「やりがいのある環境よ。周りの人たちは、私の成長を重視してくれている。マッキンゼーでの6カ月間で、学校や大学で学んだ8年間よりもプロとして成長できた」。

選考の最初のステップは履歴書のレビューだ。分析能力を見るのはもちろんのこと(難易度の高い専攻、一流大学、優秀な成績、あるいは優良企業での職歴)、チームや対クライアント、リーダーシップなどのスキルを伸ばせそうかも考慮される(大学在学中にチームをまとめたり、新しいプロジェクトを立ち上げたりするような、リーダーシップを発揮する活動をしていたかどうか)。インタビューに招かれた候補者は、2回から3回、それぞれにいくつかの「ケース・インタビュー」を集中して受けることになる。

インタビューはコンサルタントが直接行う。ケース・インタビューでは、抽象的かつ現実的な状況が提示され、複雑な問題に対し、素早く考えを組み立てて答えを導き、それを伝える能力が試される。

厳しい体験だというのもうなずける。候補者たちがインタビューに備えて何カ月も前から準備をするのはよく知られていることだが、それでも第1ラウンドの途中で挫折してしまう者が後を絶たない。

不採用になっても不満には感じない

Glassdoor.comは、従業員たちが匿名で会社を比較するサイトだが、マッキンゼーは最もインタビューが難しい会社と評されている。だが、興味深いのは不採用になる者が多いにもかかわらず、64パーセントの候補者がプロセスを「とてもポジティブ」だと考えていることだ。「ネガティブな体験」という回答は、わずか8パーセントにとどまる。

マッキンゼーでは、候補者がなぜ採用されなかったのか、明確なフィードバックを本人に提供しているからかもしれない。つまり仮にうまくいかなかったとしても、プロセスと結果は妥当だと思われているのではないだろうか。

インタビューの最終ラウンドが終わると、なかでも本当に優秀な者だけに入社のオファーが出される。あるビジネス・スクールの教授は、こう述べている。「マッキンゼーは、私のクラスで、是非とも選んでほしいと思う非常に優秀な学生を必ずしも全員は採用していない。……ただ、同業他社のように、優秀でない学生を選んだことは一度もない。そこは感心している」。

入社のプロセスが終わったあとも、マッキンゼーはチームがエースプレーヤーだけで構成されるよう、つねに気をつけている。

そのために、広範囲な社内トレーニング・プログラムも用意している。さらに、同社には評判の悪い「アップ・オア・アウト」という原則が1950年代からある。所定の期間内に昇進できない者は、去ることを求められるのだ。

入社する10人のうち、パートナーになれるのは約1名


コンサルタントとして入社する10人のうち、パートナーになれるのは約1名。そしてそこでも、評価と選定の目は緩むことはない。「マッキンゼーは、評価に膨大な時間と予算をかけている」とロバート・レイベスティンは言う。RCOファウンデーションの元会長で、マッキンゼーのシニア・パートナーかつマッキンゼーEMEAのヘッドだった人物だ。「一年のうち数週間は、大西洋の向こう側のシニア・パートナーたちのパフォーマンスの評価をしていた」。

意外にも、アップ・オア・アウトで去ることを求められても、従業員は会社を恨んだりはしないようだ。評価は完全に仕事の質を基にしており、透明性が高く、フィードバックもつねに与えられているのがその理由だろう。つまり全員がいつでも自分の評価を把握しているので、退職を求められるのが、思いがけないことにはなりえない。

ほとんどの場合、該当する従業員はこうした事態を避けるため、「先行して退職」をする。さらにマッキンゼーでは、退職する従業員が次にいい職につけるよう、サポートをしている。しかも長期にわたってずっとだ。オランダのリンクトインの元ディレクター、ユージニー・ファン・ヴィーヘンは、マッキンゼー時代のメンターとは6カ月毎にランチをしている、という話をしてくれた。

コンサルタントとして働いていたのは短期間だったが、いまでもメンターは彼女にキャリアのアドバイスをしてくれ、人脈を広げる手助けもしてくれるという。「ザ・ファーム」で一度でも働いたことのある人は、ずっとファミリーの一員なのだ。

こうしたアプローチの結果は、自然と出る。マッキンゼーは戦略マネジメント・コンサルティング会社として、最も大きく、よく知られていて、一流だ。同社は業績については特にコメントしていないが、2010年の年間取引高は約70億ドルと予測され、従業員数は1万7000人、うち9000人がコンサルタントである。

さらにいうと、会社を出た人たちの、広大なネットワークがあり、そこには多くのトップ・エグゼクティブが含まれる。ボーダフォン、ドイツポスト、リード・エルゼビア、ボーイング、BMWのCEO、アメリカン・エクスプレスの元CEOのハーヴェイ・ゴーラブ、IBMの元CEOのルイス・ガースナー、フェイスブックのCOOのシェリル・サンドバーグ― 全員がマッキンゼー・ファミリーのメンバーだ。『フォーチュン』が同社を「最高のCEOの供給源」と称したのも根拠のないことではない。