東京モーターショー2017のブース紹介、今回は日本が誇るもうひとつの個性派中堅メーカー「スバル」のブースを紹介します。

スバルは今回の東京モーターショーで、独創の「水平対向エンジン+4WD」に磨きをかけたコンセプトカーや市販車を出展します。あえて世界トレンドのEVやHVにこだわらないのは、インプレッサから展開しているSGP(スバルグローバルプラットフォーム)のポテンシャルと商品力に相当自信があるからだと、筆者は感じております。

スバルは、東京モーターショーを始め世界のモーターショーで「VIZIV」の名を冠するコンセプトカーを出展してきました。「VIZIV」とは「Vision for Innovation」の造語で、「革新のための未来像」を意味しています。今回は、4ドアセダン的なシルエットが公開された「VIZIV パフォーマンスコンセプト」を出展。実はこれこそが、SGPで武装した次期WRXではないかと予想されています。

他にもSGPを採用しているイエローカラーのコンセプトカーが2台展示されます。

1台目は、最低地上高を更に上げてXVの特徴をより際立たせ、イエローメタリックで塗装した「XV ファンアドベンチャーコンセプト」。2台目は、インプレッサをセンターマフラーやエアロパーツでドレスアップして、イエローパールを纏わせた「インプレッサ フューチャースポーツ」。

XVもインプレッサも少し落ち着いた感があるので、アウトドア&スポーティに振ったアクティブな仕様も、是非市販して欲しいと思います。

また走りのスバルらしく、ディーラーでは見る機会が少ないSTIシリーズも出展されます。

D型WRX STIをベースに開発され450台の限定抽選販売が行われるSシリーズの最高峰「S208」とSTIチューンのカタログ最上級モデル「BRZ STI SPORT」が会場に並びます。熟成の極みに達したSTIシリーズにも、乞うご期待!

(星崎 俊浩)

【関連リンク】

2017 東京モーターショーのすべて
http://motorfan-newmodel.com/motorshow/

独創のスバルは「水平対向エンジン+4WD」と「SGP」の組合せで真っ向勝負!【東京モーターショー2017直前情報】(http://clicccar.com/2017/10/23/523384/)