22日、中国のポータルサイト・今日頭条に、江蘇省南京市で開催されている女子サッカーU−19アジアカップの準決勝で日本代表と中国代表がU−20W杯出場権を懸けて戦うことになったとする記事が掲載された。資料写真。

写真拡大

2017年10月22日、中国のポータルサイト・今日頭条に、江蘇省南京市で開催されている女子サッカーU−19アジアカップの準決勝で日本代表と中国代表がU−20ワールドカップ(W杯)出場権を懸けて戦うことになったとする記事が掲載された。

22日に行われたグループリーグB組最終節で、日本は韓国に2−0で勝利。日本は同組1位となり、25日に中国U−19代表と準決勝で対戦することになった。

両者は先月にも中国で行われたNSWI杯で対戦。前半に先制した日本が勝利目前の後半アディショナルタイムに追いつかれ、1−1のドローに終わっている。

今大会では上位3チームに来年開催される女子U−20W杯出場権が与えられるため、25日の準決勝は激しい戦いが予想される。(翻訳・編集/川尻)