独自の技術力で世界を切り開く日本の中堅メーカーといえば「マツダ」と「スバル」ですが、両社とも今回の東京モーターショーではEVやHVにこだわらず、独創のテクノロジーで独自の世界観を強くアピールしています。ここでは、マツダについて紹介したいと思います。

これまでマツダは、スカイアクティブテクノロジー&魂動デザイン、そして商品群戦略で開発を推し進め、高性能&高品質なクルマを送り出してきました。今回の東京モーターショーでは、更なるステップアップを目指して、次世代テクノロジーとデザインを具現化した2台のコンセプトモデルを発表します。

1台目は「次世代プロダクトコンセプトモデル」で、ガソリンエンジンの夢と言われていた”圧縮着火”を実現したエンジン「スカイアクティブX」と、次世代の車両構造技術「スカイアクティブ・ビークル・アーキテクチャー」を採用したモデル。

実際に現行アクセラをベースにした試作車の試乗会では、パワー&燃費でもハンドリング&乗り心地でも、高い評価を獲得。公開されたミドルクラスのハッチバックのシルエット画像も、次期「アクセラ」ではないかと噂されています。

2台目は「次世代デザインビジョンモデル」で、シルエット画像には、流れるようなプロポーションを持つ4ドアセダンが写し出されています。「魂動デザイン」を進化させ、前回注目の的だった「RXビジョン」を超える美しさを纏ったモデルが、マツダブースを彩ることでしょう。

ちなみに、ロータリーエンジンがどうなっているかも大いに気になるところですが、今回は圧縮着火の「スカイアクティブX」に注力するようです。

マツダブースでは、マツダの骨太で絶え間ない技術革新と魂動デザインの進化に、独立独歩の力強さを感じることができると思います。

(星崎 俊浩)

【関連リンク】

2017 東京モーターショーのすべて
http://motorfan-newmodel.com/motorshow/

夢の実現!? 次世代のテクノロジーとデザインを具現化したマツダのコンセプトカー2台に注目!【東京モーターショー2017直前情報】(http://clicccar.com/2017/10/23/523345/)