『女神の見えざる手』は銃社会を“撃つ”ーージェシカ・チャステインのあまりに格好良いヒロイン像

写真拡大

 映画の冒頭、聴きおぼえのあるジェシカ・チャステインのどちらかというとソフトで押しの弱い微かに揺れる声が、敏腕ロビイストとしての勝利の秘訣をカメラに向かって語りかけるのを見ていて、これで大丈夫だろうかと不安に思わざるをえなかった。氷のように冷たく頭脳明晰で野心にみちた強い女──そんなヒロインにしてはずいぶん頼りない発声に思えたからだ。

参考:密談するジェシカ・チャステインとマーク・ストロングの姿が 『女神の見えざる手』本編映像

 だが、続いてチャステインが演じる彼女、ミス・スローンが弁護士を伴って満員の聴聞会に赴き、マイクを引き寄せて二度目にはっきりと自身の名を告げる時──エリザベス・スローンが彼女の名前だ──背筋を思わぬ感動が走り抜ける。かすかに頼りないそれまでの声が、マイクを通して初めて会場に響きわたる時、この「名前を告げる」という第一の見せ場が、これはエリザベス・スローンという一人の女性の映画であるという「宣言」にほかならないと気づくからだ。この時、覚悟を決めて落ち着き払った彼女の声に打たれながら、見る者はこの映画の「成功」あるいは「勝利」を直感するだろう。

 原題『Miss Sloane』が示すように、本作は徹頭徹尾一人の女性主人公に焦点を定めた。これはスローンの映画なのだ。『ワンダーウーマン』(パティ・ジェンキンス)や『エル ELLE』(ポール・ヴァーホーヴェン)のように匿名ではない。前者のように愛する相手もいないし後者のように救ってくれる息子も持たない。このところ立て続けに公開された強い女性ものの中で、本作は『ありがとう、トニ・エルドマン』(マーレン・アデ)に次ぐ秀作でありエンターテイメントとしても傑出している。

 最初から強いと分かり切っている『ワンダーウーマン』はもとより、『エル ELLE』もイザベル・ユペールという老練な俳優が演じるかぎりヒロインの造形に驚きはなく、ルイス・ブニュエルを世俗化したような現代的な下品さも物足りないばかりだったが、それでも作品のラストは『紳士は金髪がお好き』(ハワード・ホークス)のマリリン・モンローとジェーン・ラッセルを彷彿とさせる女性同士の連携がさわやかで、『レネットとミラベル/四つの冒険』(エリック・ロメール)の二人の少女のような可愛らしさもあった。

 レズビアニズムを回避した点で『エル ELLE』は『ありがとう、トニ・エルドマン』に遠く及ばなかった。後者の終盤で裸の女性二人(主人公である上司と秘書)がともに画面におさまるさまは、セクシュアルな行為などなくともそれだけで奥ゆかしいユーモアとエロティシズムをあわせもつ稀有な瞬間として記憶にとどまるだろう(一方『ワンダーウーマン』では、快楽はともかく「真実の愛」は男性とのみ成就するものとして描かれていたように思う)。 本作にはエロティシズムもユーモアもほとんどない。ただ巧みにスリリングな政治の裏世界の描写を、スローンの辣腕にまかせきって流れるままに鑑賞していればよい。つれていかれるのは、錯綜した戦略のあざやかな展開の果てに、思いがけずみえてくるシンプルなテーマだ。政権の腐敗。これに向かって突き進みながら、ヒロインも映画も銃社会を〈撃つ〉。

 部下のエズメ・マヌチャリアン(ググ・バサ=ロー)を巻き込む銃規制法案廃止論者とのテレビ討論の場面は、銃とカメラのよく知られたアナロジー(shoot=撃つ/撮る)を久々に想起させる鋭利なショットの連続となった。ここから、私たちは倫理と政治とメディアの関係を、映画観客という一見無害な立場からシリアスに考え込まざるをえなくなるだろう。被写体を傷つけながらも見たい/見せたい/見なければならない現実とは何か。カメラの暴力に拠らなければ認識できない現実の暴力とは何か。理念のために、あるいは芸術のためにどこまで何が「許される」のか。今、見る者は何に「感動」しているのか。

 スローンと、二人の女性部下──マヌチャリアンと、以前主人公が所属していた大手ロビー会社のアリソン・ピル(ジェーン・モロイ)──の関係がこの映画の何げない魅力となってヒロインを際立たせている。ピルとマヌチャリアンが出会うことはない。だが二人の描き方、存在の比重はヒロインにとっても作品にとってもほぼ同程度で、その距離と信頼関係、さらに裏切りと別の形での関係の修復のドラマは真に感動的である。慣れ合いも、不要に親密な接近もない均衡がかえって真実の人間関係を生む。その三人がクロスする終盤の場面は息をのむほどサスペンスフルだ。

 冒頭でふれたヒロインの陳述のセリフが、2時間に及ぶ緊密なドラマの果てに、再びどのように発声されるのかに注目されたい。ジェシカ・チャステインの全編にわたる美しさについては言うだけ野暮だろう。ただあまりの格好良さに涙がこぼれるだけだ。ラストの彼女の純粋なイメージ(映像)については永遠に口を閉ざしていたい。あのようなショットを多くの人が目にすることになるとは、ほとんど信じがたいほどだ。(田村千穂)