画像提供:マイナビニュース

写真拡大

日清食品は10月23日から11月22日まで、麺をすする音をカモフラージュするフォーク「音彦-OTOHIKO-」の予約受付を行う。価格は14,800円(税込)。予約申し込みは日清食品グループオンラインストアからでき、予約申込数が5,000件を突破した場合のみ販売する。

近年、価値観や文化の違う外国人にとって、日本人が麺をすすって食べる行為が「ヌードルハラスメント」(ヌーハラ)にあたるのではないか、と問題視されている。本製品を使えば、ヌーハラを解決する一助となるかもしれない。

音彦-OTOHIKO-は、スマホとBluetoothで連携するフォーク。スマホに専用のアプリをダウンロードして使用する。まず、フォークに搭載された集音マイクが麺をすする音を感知し、スマホに信号を送信。インストールされた専用アプリが、麺をすする音をカモフラージュする音を流し、ヌーハラを予防する。カモフラージュする音は、音楽作家の清川進也氏が制作と監修を手掛けた。清川氏は、麺をすする音をジェット音に近いと解釈し、近い種類の音を作成したとしている。アプリは食事中、麺をすする回数や経過時間などのデータをヌードルログとして記録し、麺のすすり方に合わせてカモフラージュ音を自動再生する。アプリの対応OSはiOS 10以上。

素材として、柄の部分にはABS樹脂、フォーク部にはステンレスを使用。サイズはW44.0×H152.0×D44.4mm、重量は110g。充電用のケーブルが付属する。なお、フォーク部分と柄の部分は取り外しできず、フォーク部分だけを洗浄する。

カモフラージュ音については、YouTubeに投稿されている音彦-OTOHIKO-のPV動画から確認できる。

<日清食品の公式YouTubeチャンネルより>