女優の片瀬那奈(35)と俳優の風間杜夫(68)が23日、都内でおこなわれた映画『こいのわ 婚活クルージング』完成披露上映会に出席。劇中さながらに年上の風間に好感を持ったことを明かすも、あっさりフラれて笑いを誘う場面が見られた。

 『こいのわ 婚活クルージング』は、広島県の協力のもと「県が手掛ける結婚支援事業の場」を舞台に、社長を解任された初老のバツイチ男性と、元キャンギャルの独身女性編集者が、婚活に奮闘する中で互いの気持ちに気づき魅かれ合う様子を描いたラブコメディー。片瀬はヒロインで35歳の独身女性編集者・山本ナギ役、風間は理想の伴侶を求める65歳の元会社社長・門脇誠一郎役を務める。

 現在まだ独身の片瀬だが、結婚に関して親からのプレッシャーをたずねられると「一度も言われたことがないんです、『結婚しないの』というのも聞いてこなさ過ぎて、逆にプレッシャーを感じているくらい。親には『幸せであれば』とはよく言われています」と明かしながら「幸せになりたいとは前向きに思っているし、したくないわけでも無く、素敵な人がいれば親も喜ぶでしょうし、そういう気持ちも考えられたらと思うけど」と結婚にも前向きな意思を見せる。

腕を組み入場する片瀬那奈と風間杜夫

 他方で片瀬は、今回の撮影の中で「割と年が近い方がいいな、なんて思っていたけど、風間さんと芝居をさせていただいて『なんかいいぞ?』と」と風間に対して好感を抱いた様子を告白しながら「他の同じお年の方で、というのはちょっと経験がないのでわかりませんが、希望が持てたというか。包容力があって、いろんなことを経てこうやって御冗談を言えたり、言いたいことを言い合えるって、すごく楽しいなって。だから世界が広がりました」とその経緯を明かす。

 そんな片瀬に風間は「嬉しいですね。若い女優さんと共演されることが多いですけど、ここまではっきり言ってもらえると嬉しいですね。まあみんな思ってるんじゃないですかね」とまんざらでもない様子。しかし現在、家庭では娘に子供が二人、息子にも子供が一人いることを明かし「三人の孫に囲まれて、幸せでございます。すみません!」とあっさり振り、笑いを誘っていた。

 またこの日は結婚披露宴の新郎新婦の様ないでたちで仲睦まじい姿を披露しながら会場に入場した二人は、映画の婚活というテーマでのQ&Aを、観衆とともに実施。「結婚相手に求めるものは何でしょうか?」という質問に対し項目として挙がったものの中で「外見・健康」という項目に対して風間が「これね、ひどい質問だよね」とツッコミ。すると片瀬は「ねえ。だって外見と健康を一緒にしちゃってるし」と調子を合わせ、映画さながらの仲良しカップル振りを見せるなど、会場を沸かせていた。

 なお、本作ではシンガーソングライターの杏里が主題歌を担当、楽曲「Precious One〜かけがえのないストーリー」を歌う。杏里の映画への楽曲提供は、1999年の劇場版『天地無用!in LOVE2~遥かなる想い〜』で歌った「LoveSongが聞こえる」以来18年ぶりのものとなる。【取材・撮影=桂 伸也】

片瀬那奈と風間杜夫 片瀬那奈と風間杜夫 片瀬那奈と風間杜夫 片瀬那奈と風間杜夫 風間杜夫
腕を組み入場する片瀬那奈と風間杜夫 片瀬那奈と風間杜夫 片瀬那奈 映画さながらの仲良しカップル振りを見せる片瀬那奈と風間杜夫