ゼブラゾーン、正式な名称は導流帯。
ナナメに並んでいる白い線が、同じ白い線で囲まれている道路標示がゼブラゾーンです。
右折レーンの前などに、引かれていることが多いかもしれません。

侵入していいという判断で走っている場合、ちょっと注意しなくてはならない場所もありそうですよ。

ゼブラゾーンは、道路交通法上の「指示標示」です。
目的は、その周囲の円滑な交通を促すために、クルマの流れをつくるということになります。

最近、「ゼブラゾーンに入っても違反ではない」というハナシを耳にします。
たしかに立ち入り禁止の意味がある規制表示ではないので、その解釈も間違っていないでしょう。

反響はそれぞれですが、これらの情報によって「これからはドンドン走っちゃお!」となると危ないかもしれないケースが見つかりました。

上の写真の場所は2つの交差点の間にゼブラゾーンがあり、その交差点の双方に右折レーンがあります……。
そして対向車線との境界となる車道中央線帯は、あえていうならゼブラゾーンを縁取る白線でしょうか。

もし、両方の右折レーンにむかって同時に2台のクルマが各々ゼブラゾーンを走ろうとすると、正面衝突を起こしてしまう可能性があるという場所なのです。

この場所の場合、ゼブラゾーンが引かれる理由は、中央線よりの車線をそのまま直進してしまうと、右折レーンに入ってしまうので、直進車に進路変更を促す目的があります。

しかし、右折するドライバーは状況次第で判断が分かれてしまうところかもしれません。

いっぽうは、右折レーンまでゼブラゾーンを直進しても問題がないと判断するドライバー。
もういっぽうは、誘導に従って一時的に進路変更し、右折レーンであらためて進路変更をするドライバー。

それだけでも、交錯する可能性がある状態です。

しかし、もっと危険なケースは右折レーンに向かってゼブラゾーンを両方向から直進するドライバーが来た場合……。

よくて「お見合い状態で停止」もしくは「双方が緊急回避で進路変更」、最悪の場合「正面衝突」の可能性すらあります。

見解の違いがあってもなくても、難しいケースです。
そして、違反ではなくても事故を起こしては仕方がない。
やはり最終的にはドライバーが周囲の状況をチェックし、判断することが必要そうです。

通勤・通学路にあるゼブラゾーンの使いかた、いまいちどチェックしてみてはいかがでしょうか。

そこで今回、ゼブラゾーンの扱いかたについて警察関係の見解をあおいでいますので、わかり次第続報をお届けします。

(古川教夫)

【関連記事】
警察庁&警視庁の回答! ゼブラゾーンは法令上、車両の通行は想定されていなかった!?
https://clicccar.com/2017/10/23/522256/

ゼブラゾーンは走っていいの? ダメなの? 微妙なケースを発見!(http://clicccar.com/2017/10/23/511152/)