3Dクリエーターアプリ、VR対応、2画面……Androidスマホはどう進化する?

写真拡大

 10月18日、NTTドコモが2017年10月から2018年1月以降に発売する新製品を発表。11月3日に発売を控えるiPhone Xが話題を集める中、Androidデバイスはどんな進化を遂げていくのか。本稿では特にエンタメ・音楽面に着目してみたい。

(関連:iPhone 8 / 8 Plus / Xの注目ポイントは? ジェイ・コウガミ氏がエンタメ新機能を解説

 今回ドコモから発表されたスマートフォンは15製品。まず触れておきたいのは、11月上旬発売のXperia XZ1 SO-01/02K(SONY)だ。同機種には3Dクリエーターアプリが搭載されており、人や食べ物を360度スキャンして簡単に3Dデータとして保存できる。保存したデータは3Dプリンタでプリントできるほか、CGと合成してアバターを作成でき、そのアバターをカメラ画面に登場させたり、メッセンジャーアプリを通じてスタンプとして送信することが可能だ。例えばスキャンしたアーティストの3Dデータからリアルなフィギュアを作ったり、スタンプを作ることも考えられる。今後はPSVRとの連携も予定しているとのことで、まずはゲームを中心に発展していくことが予想されるが、より広い範囲での活用にも期待したい。

 映像へのこだわりが見られるのが、V30+ L-01K(LGエレクトロニクス/2018年1月〜)。同機種はGoogleのスマートフォン向けVR仕様・Daydreamに対応しており、VRヘッドセット・Daydream Viewプレゼントキャンペーンも予定しているという。今後はdTVにて、Daydreamのシアターモード(通常の動画をVR空間上の巨大スクリーンで見られる)と360度モードに対応したVRコンテンツを配信する。配信コンテンツの詳細は明かされていないが、dTV VRではすでにMr.ChildrenやAAAのライブ映像、360度音楽番組『LOVE or NOT♪』などを配信しているため、ゲームや映画、アニメだけでなく音楽コンテンツにも注力していくことが考えられる。またオーディオ面に注目すると、高級ブランド・Bang&Olufsenのエンジニア、サウンドマスターが音質をチューニングしており、Bang&Olufsenのイヤホンを付属。コアな音楽好きにもたまらない製品となっている。

 そして見逃せないのは、“2画面スマホ”M Z-01K(ドコモ・ZTEジャパン/2018年1月〜)だ。ドコモは2013年にも2画面スマホとしてMEDIAS W N-05E(NECカシオ)を発売しているが、再び発売に至った理由について「2画面といいながらも、どう活用していいのか(定まっていなかった)。テクノロジーもそろっていなかった」(吉澤和弘社長)「昔に比べると、カメラの画素数、ディスプレイのサイズ、CPUなどが格段に進化している。前は額縁が見えたが、狭額縁にも対応できた」(プロダクト部長・森健一氏)と語っており(参考:ドコモの2画面スマホ「M」はウケ狙いじゃない ーー共同開発で挑む世界展開)、テクノロジーの進化によって2画面をより有効に使えるようになったと見られる。

 同機種では左右の画面で別のアプリを同時に開けるほか、2画面を活用して卓上スタンド風に置いて動画を再生したり、電子書籍を見開きで表示することもできる。LINEやTwitterを開きながらYouTubeで手軽に動画を楽しめるのもちろんだが、例えば今後、2画面を活用したMVなどが登場することも考えられる。同機種は海外展開も予定しており、エンタメ業界やスマートフォン全体にも影響を与えそうだ。

 他にも定番のDisney Mobile on docomoの新機種や、『ジョジョの奇妙な冒険』とコラボしたJOJO L-02Kもラインナップされており、遊び心に富んだ新製品が並ぶ。今回ドコモが発表した新機種がエンタメ・音楽業界に新たな風を吹かせるかもしれない。(村上夏菜)