犬と猫、飼うならどっち?

ペットブームもあり犬や猫といったペットを飼う方が増えてきました。今から飼い始めようとしている方も多いのではないでしょうか。

自分の今の生活環境や仕事などによって、どちらかが飼いやすかったり、もしくはどちらも飼う段階ではない場合もあります。

今回は犬と猫、それぞれ飼う場合のメリットやデメリットをご紹介していきます。

犬を飼う場合

人と犬は遥か昔から良きパートナーとして共に歴史を歩んできました。愛嬌があり表情も豊かなので「一緒にいて飽きない」と感じる方も多いのではないでしょうか。

しかし実際に飼ってみると思わぬデメリットや、嬉しいメリットもたくさんあります。

犬を飼う場合の3つのメリット

メリット その1「運動不足の解消が期待できる」

働き始めると思うように運動の時間を取ることが難しくなってきます。しかし、健康や美容の為にもぜひ運動はしたいものです。

そんな時に犬を飼っていると、毎日の散歩は欠かせないので半ば強制的に運動をすることになります。

いつもの散歩コースをちょっと変えてみたり、散歩仲間のわんこと飼い主さんに会ったりと良い気分転換にも繋がります。

メリット その2「セラピー効果がある」

学校や会社では人間関係や物事に対するストレスがつきものです。人それぞれストレスの発散方法があると思いますが、犬とスキンシップをすることでセラピー効果を得ることができます。

長い間一緒に過ごしてきた為か、人と犬は言語外でのコミニュケーションを取ることができます。

ストレス以外にも、体のだるさや頭痛などの痛みも犬と触れ合うことで軽くなることもあります。

メリット その3「子供に良い影響を与える」

小さい子供を育てながら一緒に犬を飼うことは大変な面もあるでしょう。しかし、同じ環境で育つことで子供にとって大きなメリットがあります。

それは命の尊さを理解できることです。

子供が生まれた時期に犬を飼い始めると、約10〜12年ほどで犬の寿命が尽きます。その頃には子供も物事の分別がつくようになり、命の大切を学ぶことができます。

また、親子で犬の散歩をすることで、コミニュケーションを取る良い時間になります。

犬を飼う場合のデメリット

デメリット 「鳴き声で近所迷惑になる」

吠え癖がある犬はその鳴き声で、近所迷惑になりトラブルに発展する可能性があります。

きちんとしつけをしていれば問題ないと思いますが、家が密集している住宅地などではより一層の配慮が必要になります。

猫を飼う場合

近年では猫ブームの影響もあり、犬よりも飼育数が増えている猫。ここまで人気になった理由もたくさんのメリットがあるからといえます。

次は猫を飼う場合のメリットとデメリットをご紹介します。

猫を飼う時の2つのメリット

メリット その1「癒される」

犬同様のメリットですが、猫も飼い主にたくさんの癒しを与えてくれます。

自由気ままなイメージがある猫ですが、たまに甘えてきてくれる姿や帰宅すると玄関でお出迎えをしてくれる姿を見ると、疲れが一気に吹き飛びます。

癒されることで私たち自身の愛情や表情が豊かになる効果を得ることが期待できます。

メリット その2「手間がかからない」

犬と比べるとしつけなどの手間がかからないところが、猫の魅力の一つともいえます。毎日の散歩も必要なく、トイレのしつけも数回で覚えてしまう猫がほとんどです。

また、猫は広さよりも高さを求めるので、広いスペースを確保する必要もありません。比較的狭い空間でも飼育可能なところも大きなメリットです。

猫を飼う場合のデメリット

デメリット「家具や壁がボロボロになる」

爪の手入れやストレス発散の為に、壁や家具、柱などで爪とぎをします。そのまま放置してしまうと傷がついてしまい、部屋の中がボロボロになってしまいます。

爪とぎ自体をやめさせてしまうと、余計にストレスが溜まってしまうので専用の爪とぎを設置するなど対策が必要です。

一人暮らしの場合飼いやすいのは、犬と猫どっちなの?

一人暮らしでもペットを飼いたいと思っている方も多いのではないでしょうか。犬と比べると飼育に手がかからない為、一人暮らしの方でも飼いやすいのは猫だといわれています。

なぜ猫は飼育に手がかからない?

日中の留守番が苦手ではない

一日の半分以上を寝て過ごす猫は、自由に動き回れる環境であれば一人でいることを苦になることはありません。

だからといってずっと一人でいても平気という訳ではなく、やはり長時間の留守番はストレスを感じてしまいます。家を空けるのは一日〜二日が限界だと思っておいてください。

狭い部屋でもストレスを感じにくい

猫は元々広い縄張りを欲していません。自分のテリトリーの中にエサがあり、排泄できる環境があれば部屋の狭さはあまり気にしない傾向があります。

また、広いスペースよりも高い場所を好むので、家具の配置を工夫したりキャットタワーを置いて運動や遊びに必要なスペースを確保してあげましょう。

また、マンションやアパートなどはペット自体NGのところもあるので、きちんと確認した上で飼育を検討してください。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

犬と猫、それぞれの性格や育った環境が影響してくるので、今回ご紹介したメリットデメリットがすべて当てはまるとは限りません。

飼ってみて「こんなに大変だったなんて…」と感じることもあるでしょう。

しかし、犬猫を飼うことで共通していえるのは、私たちに命の大切さを教えてくれたり、たくさんの癒しを与えてくれるということです。

飼うと決めたからには、覚悟と責任をもって大事にお世話をしてあげてくださいね。