オシャレすぎる料理番組『レイチェルのパリの小さなキッチン』がパワーアップ

写真拡大

NHKのEテレで昨年放送され好評を得た『レイチェルのパリの小さなキッチン』(Eテレ、毎週月曜23:00)が、本数も増えて再登場。同番組は、イギリス出身でパリ在住の料理人レイチェル・クーが自宅の小さなキッチンを舞台にフランス風おうちごはんを披露するBBC制作のキッチンショー。2012 年にイギリスで初放送後、世界100か国以上で放送された人気番組『レイチェルのパリの小さなキッチン』(6回)と『レイチェルのおいしい旅レシピ』(10回)の日本語版を16回にわたり放送する。

10月23日は、『レイチェルのパリの小さなキッチン』のEpisode2を放送。ここでは、パリっ子が大好きな昔ながらのお菓子「シュケット」を作る。続いて、フランス定番の夕食「マスの紙包み焼き」を紹介。レイチェルは市場へでかけ、良い魚の見分け方を教わる。さらに「卵のココット」、「牛肉のブルゴーニュ風煮こみ」などを紹介。翌日の固くなったバゲットで、クネル(団子)を作り、牛肉に添える。パン屋では、熟練のパン職人からバゲット作りのコツを聞き出す。シメは塩キャラメル入りのチョコレートケーキだ。公式サイトではレシピを公開中。是非チェックしてみては?