BIG PAD <PN-L705H>とオプションのフロアスタンド<PN-ZS703A>との組み合わせ例

シャープ株式会社は、10月23日、設計図面など高精細なコンテンツも鮮明に表示できる70V型 4KタッチディスプレイBIG PAD「PN-L705H」を発売すると発表した。価格はオープン。発売時期は12月上旬が予定されている。

同製品は、BIG PADとして初めて高精細4K液晶パネルを採用したタッチディスプレイで、微細な線が含まれる設計図面や地図、写真、映像などをより鮮明でリアルに表示することができる。独自開発の高感度静電容量方式タッチパネルで、ペンや指先でのタッチ位置をきめ細かく検出し、滑らかで快適なタッチ操作が可能に。また、液晶パネルと保護ガラスの間に空気層がない「ダイレクトボンディング構造」を採用することで、視差によるタッチ位置のズレを抑え、自然な書き心地を実現している。

付属の専用タッチペンには、新たにポインター機能を内蔵。ペン入力、ページ送り、ポインター機能を1本のタッチペンで行えるので、よりスムーズなプレゼンテーションが可能となった。別売のタッチペンを追加すれば、最大4人まで同時に使用することもできる。

設置スタイルも多様で、通常の横置き設置に加え、縦置きや水平上向き、上向き斜め設置など、利用シーンに合わせたフレキシブルな対応が可能である。オフィスでのプレゼンテーション用途はもちろん、CADデータを扱う設計業務や、緻密さが求められるデザイン業務、地図など高精細コンテンツの大画面タッチサイネージとしても便利に活用することが出来る商品だ。

同製品は、「2017年度 グッドデザイン賞」(主催:公益財団法人日本デザイン振興会)も受賞している。

シャープ株式会社
URL:http://www.sharp.co.jp/corporate/news/171023-a.html
2017/10/23