エド・シーラン来日延期、ビョークが映画監督を告発、ポスト・マローン&21サヴェージが初の全米1位に:今週の洋楽まとめニュース

写真拡大

 今週の洋楽まとめニュースはエド・シーランから。今月末から開催がスタートする予定だったエド・シーランの来日公演が、アーティストの負傷により延期となった。主催者からの発表には「自転車事故により右手首と左肘を骨折したため、予定しておりましたアジア・ツアーの一部(台北、大阪、ソウル、東京、香港)を止むを得ず延期させて頂くことになりました」と延期の理由が明記されている。エド・シーランはシングル「シェイプ・オブ・ユー」が大ヒット。ここ日本でもロングヒットを続けている最中であっただけに、なんとも惜しい延期だ。まずは一刻も早い回復を祈ろう。

エド・シーランの来日公演が延期に
エド・シーラン、自転車事故で腕を負傷 アジア・ツアーにも影響か?
今年のロングセラー大賞はエド・シーランか?!  【Chart insight of insight】

 今週、世界のエンターテイメント業界を騒然とさせたのが、米大物映画プロデューサーのハーヴェイ・ワインスタインによる性的嫌がらせ、パワハラに関する報道。その報道に影響され、現在、他の映画監督やプロデューサーに関しても、性的嫌がらせやパワハラの報告が、女優をはじめとする関係者からなされている。そんな中、ビョークもデンマーク人監督、ラース・フォン・トリアーから受けた嫌がらせを暴露、論争となっている。また、今週はダックテイルズこと元リアル・エステートのマット・モンダナイルに関する強制わいせつ疑惑も報道されており、こちらもファンを中心に大きな衝撃を与えている。

ビョーク、デンマーク人監督から受けた嫌がらせを告白
ビョークの告発に対しラース・フォン・トリアー監督が反論
ビョーク、デンマーク人監督による性的嫌がらせの具体的内容を明かす
元リアル・エステートのマット・モンダナイルに強制わいせつ疑惑、複数の女性が証言

 今週のビルボード総合ソングチャート“Hot100”では、ポスト・マローンの「ロックスターfeat.21サヴェージ」が初の首位を獲得した。これはポスト・マローン、そしてゲストの21サヴェージにとっても初の全米1位。ラップ・シーンでは飛ぶ鳥を落とす勢いの二組だったが、これで正真正銘のスターの仲間入りを果たしたと言えるだろう。また、このタイミングに合わせたわけではないだろうが、米ビルボード・チャートは2018年よりストリーミングの比重を変更することを発表している。

【米ビルボード・ソング・チャート】ポスト・マローン&21サヴェージ自身初のNo.1、サム・スミスTOP10返り咲き
ポスト・マローン、自身初の全米1位を“ロックスター”風に祝う
米ビルボード・チャート、2018年よりストリーミングの比重を変更

 10月〜12月、そして来年に掛けて今後も注目の来日公演が目白押し。アンテナを高く張って、お気に入りアーティストの公演に一つでも多く駆けつけて欲しい。

ミューズ/ベック/ハリー・スタイルズ/ベイビーフェイス、2017年10月後半〜12月の来日公演まとめ
KISS、ポール・スタンレー来日公演にエリック・シンガーの参加が決定
ホセ・ジェイムズ、『The Dreamer』10周年ライブを来年2月に開催 黒田卓也ら盟友ミュージシャンとオンステージ


その他今週の注目ニュース
『ストレンジャー・シングス』シーズン2、新予告編が解禁
テイラー・スウィフト、ロンドンで極秘ファン感謝イベント
トム・ペティ、近親者により葬儀が行われる
ザ・トラジカリー・ヒップのフロントマン、ゴード・ダウニーが53歳で死去