J1 第30節のベストイレブン

写真拡大

 フットボールチャンネル編集部では、10月21日から22日にかけて行われた明治安田生命J1リーグ第30節のベストイレブンを選出した。

 首位・鹿島アントラーズを激戦の末、3-2で下した横浜F・マリノスからMF天野純とGK飯倉大樹をベストイレブンに選んだ。前者は自らのゴールだけでなく、コーナーキックからFW伊藤翔の先制ゴールを演出。さらに守備でも懸命に走ってチームの勝利に大きく貢献した。

 後者は細かなミスこそあったものの、終盤に見せた鹿島MFレオ・シルバの強烈なミドルシュートに対するスーパーセーブが勝ち点3を引き寄せる大きなプレーとなったことを評価した。また、決勝点を挙げたMF遠藤渓太の途中起用など選手交代で手腕を発揮した横浜FMのエリク・モンバエルツ監督をJ1第30節の最優秀監督としている。

 今節の結果により首位と勝ち点2差まで迫った川崎フロンターレは、サンフレッチェ広島に3-0で盤石の勝利。粘り強い守備で無失点に貢献したDF奈良竜樹をベストイレブンとした。

 さらに鹿島や川崎Fを追いかける上位戦線に踏みとどまったセレッソ大阪からは、鉄壁の守りでヴァンフォーレ甲府を寄せつけなかったクロアチア人DFマテイ・ヨニッチと、こうプレー連発で復調の兆しを見せるMF清武弘嗣をピックアップ。

 同じくACL出場権を狙う柏レイソルからはキャプテンマークを巻いて1アシストを記録したMFキム・ボギョンを選出した。FC東京戦の勝利で残留争いから一歩抜け出した感のある北海道コンサドーレ札幌からは、圧巻の2ゴールを披露したFWジェイをベストイレブンに選んだ。
 
 フットボールチャンネル編集部が選んだ明治安田生命J1リーグ第30節のベストイレブンと最優秀監督は以下のとおり。

▽GK
飯倉大樹(横浜FM)

▽DF
小泉慶(新潟)
奈良竜樹(川崎F)
マテイ・ヨニッチ(C大阪)

▽MF
長澤和輝(浦和)
キム・ボギョン(柏)
古林将太(仙台)
ラファエル・シルバ(浦和)
清武弘嗣(C大阪)
天野純(横浜FM)

▽FW
ジェイ(札幌)

▽最優秀監督
エリク・モンバエルツ(横浜FM)

明治安田生命J1リーグ第28節全試合の結果は以下のとおり。

仙台 0-0 清水
大宮 1-1 柏
C大阪 2-0 甲府
神戸 1-2 鳥栖
広島 0-3 川崎F
磐田 2-2 新潟
FC東京 1-2 札幌
横浜FM 3-2 鹿島
浦和 3-3 G大阪

text by 編集部