北朝鮮の朝鮮アジア太平洋平和委員会のスポークスマンは22日、日本が「米国を後ろ盾にして再侵略の準備に最後の拍車をかけている」とする談話を発表した。同日、朝鮮中央通信が伝えた。

談話は、「日本の反動層は自分らの汚らわしい執権余命をなんとしても延長しようとする小細工の下で何の大義名分もなしに衆院を解散し、それがいわゆる『国難突破』のための『壮挙』になるかのようにけん伝している」と述べた。

つづけて、「自分らの国会解散措置を共和国と無理に結び付けている日本反動層の腹黒い下心は米国がもたらす核戦争火雲の煙幕の中で再執権の野望を満たし、ひいては朝鮮半島再侵略の布石を築いて『大東亜共栄圏』の昔の夢を実現しようとする日本式のずる賢さと狡猾さの集中的発露である」と非難した。

また、「朝鮮人民に犯した希世の大罪を誠実に反省して賠償する代わりに、米国にこびへつらって軽々しく振る舞う日本反動層の行動は国家核戦力完成の終着点に至っているわが共和国の強大無比の威力に恐れおののいた者の断末魔のあがきにすぎない」と指摘した。

さらに、「日本当局が狂人帝国を救世主のように信じてまたもや黄金の夕立に当たろうとはかない夢を見るのは、水面に映った月を救い上げようとするような荒唐無稽な妄想である」と強調した。

その上で、「日本が米国を後ろ盾にして再侵略の準備に最後の拍車をかけているということが明白になった以上、われわれもやむを得ず、それ相応の強硬な自衛的措置を行使する権利がある」と主張した。