中国で最も稼ぐイケメン俳優、ルハン 年収は24億円

写真拡大

アリババが株式の15.6%を保有し、中国で最も人気のSNSの一つがウェイボー(微博)だ。10月8日、トップスターのルハンが自身のウェイボーアカウントに、女優の関暁彫 (グァン・シャオトン)と付き合っていると明かすと、ウェイボーはアクセス殺到でダウンしてしまった。

ルハンは韓国と中国で活動するバンドEXOで成功し、映画でもヒット作に出演している。圧倒的人気を誇るルハンの今年6月30日時点の過去1年間の年収は2100万ドル(約24億円)。9月に発表された「フォーブスチャイナセレブリスト」の2位にランクインした(1位は女優のファン・ビンビン)。フォーブスチャイナが昨年発表したリストによると、中国のセレブ上位100人の合計収入は2015年に比べてほぼ3倍の14億ドル(約1590億円)に増えた。

ルハンのようなセレブの影響力と稼ぐ力は、ソーシャルメディアによってこれまで以上に大きくなっている。

ジャーナリストとして働いた後に、PR会社のHill + Knowlton上海のマネージングディレクターを務めるマギー・ルーは「昨年の主要なトレンドの一つは、セレブ個人のアセットの拡大だ」と語った。ルーによると、かつての広告主はセレブのアセットをファンの数で測ったが、今は複数の尺度があるという。「セレブのパーソナリティーは、ブランドや企業のストーリーの一部になる。ステージや映画での存在感に加え、企業の社会的責任のキャンペーンにも、セレブの活動領域は広がっている。

ルハンを中国の公式パートナーに起用したコカ・コーラを例に取ってみよう。コカ・コーラは数年前、炭酸飲料の販売促進のために北京生まれのルハンを起用し、広告を制作しテレビでの宣伝に登場させてきた。

しかし最近、コカ・コーラは環境保全の取り組みとルハンをリンクさせている。コカ・コーラが今年初めに取り組みについて発表した際、ルハンはより多くの人に取り組みを訴えるショートビデオを提供した。

コカ・コーラはルハンのファン基盤へのオフラインでの浸透も図っている。ルハンのファンはよく統率されており、ルハン関連のオフラインイベントには必ず、コカ・コーラの商品を提供するという。