AKBの絶対的エース前田敦子 ヒロインになりたがりの超恋愛下手だった

写真拡大

 AKBを卒業して恋愛も解禁。その後は、若手俳優から歌舞伎役者、アパレル会社役員など、彼氏のウワサが絶えない前田敦子(26)だが、裏を返せば恋愛が長続きしていない人ともいえる。AKBの元絶対的エースは恋愛下手なのか。「西洋占星術」「ホラリー占星術」「サビアン占星術」という3つの占星術を組み合わせた鑑定に定評がある占い師、とんとんが占った。

■相手を振り回して疲れさせてしまう

 前田は「自分を見てほしい」欲望が強く、自己表現が上手。やりたいことを貫くがんばり屋な一面もあるので、占い面から見ても「アイドルとして花開くのは納得」と、とんとんは言う。しかしその自己顕示欲やプライドの高さが、恋愛ではアダになる。「情熱的で、相手にドラマのような展開やセリフを求めがち。最初は刺激的ですが、次第に相手は振り回されていると前田さんを重く感じ、疲れてしまうのです」。

■エースとしてのプライドが恋の邪魔者

 1人の相手と付き合い続けるために、前田はどうすればいいのだろう。「『私は女王』『主役は私』と考えるエースのプライドを捨てることです。受け身で相手に楽しませてもらうのではなく、『恋のドラマは2人で作る』と切り替えれば、ステキな恋愛ができるはず」と、とんとん。かつて「26歳までに結婚して子どもがほしい」と語っていた前田。「相手はどうしたいか」に耳を傾ければ、次のお相手とゴールインもあるかもしれない。
(ニコ)

>>占いTVを見る

※画像出典/shutterstock