カズオ・イシグロは、5歳で日本から渡英した移民の作家であるものの、その視野は「移民」には限られていない。

写真拡大

カズオ・イシグロは、5歳で日本から渡英した移民の作家であるものの、その視野は「移民」には限られていない。カズオ・イシグロは、自分の作品が身分や地域、人種などの壁を超え、いろんな文化に溶け込み、グローバルなテーマを反映することを願っている。(文:余静遠。北京日報掲載)

これまでに、インド系英国人作家のV・S・ナイポールやルーマニア出身のドイツ語作家ヘルタ・ミュラーなど、ノーベル文学賞を受賞した移民作家は少なくない。それらの作家の創作活動や受賞は、その移民としての立場や経験と密接な関係がある。今年も、ノーベル文学賞は移民作家である日系英国人作家のカズオ・イシグロ(63)が受賞した。しかし、多くの移民作家とは異なり、カズオ・イシグロはその作品を通して、これまでの移民作家が築いてきた伝統を覆し、自分の作品を「グローバル化」させることを試みており、少なくとも「日本化」はしていない。

カズオ・イシグロは、V・S・ナイポール、サー・サルマーン・ルシュディーと並んで、英国文学界の三大移民作家と呼ばれている。2001年にノーベル文学賞を受賞したV・S・ナイポールの作品の多くは、異質文化の衝突や移民が直面する困難など、ポストコロニアル時代に第三世界が直面した問題をテーマにしている。また、インド出身の作家のサー・サルマーン・ルシュディーは、虚構と幻想を現実に織り交ぜるルシュディーの物語手法で、母国の政治や文化を表現している。端的に言えば、二人は移民問題に関心を寄せる移民作家なのだ。

一方、カズオ・イシグロはこの二人とは異なり、自身のアイデンティティについて「国際的な作家」と語っている。そして、インタビューで何度も、「国際的な小説を書く作家になりたい。国際的な小説とは、世界のさまざまな文化背景の人々みんなに対して大切な意味がある生活をテーマにした作品。ジェット機に乗って、世界各地を飛び回っているにもかかわらず、小さな地域で落ち着いてじっくり楽しむ人物が登場するような作品だ。今の世界が日に日にグローバル化が進んでいるのは紛れもない事実。これまでも、どんな政治、ビジネス、社会の変革スタイル、文芸分野の課題などについても、ハイレベルな論議を行うことができたし、国際的な要素を参考にする必要もなかった。しかし、そのような歴史の段階はすでに超えてしまった。小説が重要な文学ツールとして次の時代に入るためには、作家が小説を、人を納得させる国際化した文学ツールにしなければならない。私はそのために貢献することを志にしている」と語ってきた。

文学に対してそのような観念を抱いているため、カズオ・イシグロの作品は、身分や人種、地域の枠を超え、人類が共通して経験している困難や道徳面の問題に目を向けて、人々に深く考える機会を与えている。スウェーデン・アカデミーは、ノーベル文学賞をカズオ・イシグロに授与したことについて、彼の作品は「過去の記憶や時間、そして自己欺瞞に触れている」と評価し、「力強い感情の小説により世界とつながっているという幻想的な感覚にひそむ深淵をあらわにしている」と受賞理由を説明した。

彼の作品に登場する人物はいつでも記憶の中で、歴史、過去、現在の生活を理解できるよう模索している。過去と現在、自分と社会、真実と幻覚の狭間の中で、存在の虚しさ、無常な命を際立たせている。そのような世界、深淵において、我々は無力であることを身に染みて感じさせられる。小説家であるカズオ・イシグロは、世界と人間性の微妙な部分を感じることに長け、命のはかなさ、虚しさを勇気を持って認めている。彼は、そのようにして初めて、命がミステリアスで、重く、危機に満ちているにもかかわらず、大きな希望を抱くこともできることを知っているのだ。