画像は「PRODUCT X」特設サイト スクリーンショット

写真拡大 (全3枚)

日清食品は、独自の視点で食にまつわる様々な問題にアプローチする商品開発プロジェクト「PRODUCT X (プロダクト・ペケ)」を始動。その第1弾商品となる、麺すすり音をカモフラージュするフォーク「音彦 -OTOHIKO-」の予約受付を特設サイトで10月23日に開始した。

「音彦」は、麺をすする音に全く別の音を絶妙な間隔でかぶせることで快適な時間を作り出すフォーク。麺をすすって美味しく食べたい人と、麺すすり音を不快に感じる人との間に生まれる軋轢「ヌードル・ハラスメント」問題を解消するために、TOTOのトイレ用擬音装置「音姫 」に着想を得て生み出された。

「音彦」で麺をすすると、フォークに搭載された高性能集音マイクがすすり音を感知。近距離無線通信を通じてその信号を受け取ったスマートフォンから麺すすり音をカモフラージュする音源が流れ出す。開発にあたっては、「シンフロ」など多くの話題作を手掛け、自然音から楽曲を紡ぐ清川進也氏をサウンドプロデューサーに迎え、膨大な麺すすり音を解析。麺すすり音の特徴点を抽出し、かすかな麺すすり音も見逃すことなく、心地よい音楽へ変換することができる。

「音彦」は、10月23日から12月15日までの申込期間中に予約数が5000個に達した時点で販売が決定する。価格は税込み1万4800円となっている。

「PRODUCT X」特設サイト