羽生結弦【写真:Getty Images】

写真拡大

エキシビションでチェン、メド、樋口らと氷上集合…ジーがSNS公開で反響

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ初戦ロシア大会は22日、エキシビションが行われ、終了後はリンク上で出場選手が集合したセルフィー写真を撮影。羽生結弦(ANA)はリフトされて決めた笑顔の“フライングピース”を決めた写真を、実際に撮影したミーシャ・ジー(ウズベキスタン)が自身のインスタグラムで掲載し、世界のファンに「偉大なスケーターたちの輝かしい笑顔」などと反響を呼んでいる。

 美しき戦いを終え、華やかに銀盤を彩った。22日はエキシビションが行われ、大会に出場した選手たちが再び、華麗な舞いで観客を魅了した。世界のファンの注目を集めたのは、最後の集合写真。リンク上で出場選手30人以上がそろって中央に集まり、撮影役のジーを中心に輪ができた。

 ところが、羽生は直前に会場に発射されたテープが足にからまってしまい、集合に出遅れてしまうアクシデント。後列になったが、粋な計らいが……。君が主役だ、と言わんばかりに男子ペアのオンドレイ・ホタレック(イタリア)が羽生をリフト。後方からグイッと持ち上げ、シャッターを切る瞬間は結果的に最も目立つような形になった。

 そんな1枚をジーは自身のインスタグラムで「ファミリー」とのコメントを添えて掲載。羽生は後列中央左で一人高い位置から顔をくしゃくしゃにして笑みを浮かべ、右手で顔の横からピースサインを決めている。

英、露、中などの言葉で反響「なんて素晴らしい写真」「フライング・ユヅル…?」

 ほかにも男子シングルで優勝したネイサン・チェン(米国)、女子シングルで優勝したエフゲニア・メドベージェワ(ロシア)、その隣で頬を寄せ合う樋口新葉(日本橋女学館高)など、今大会を沸かせた選手たちが収まり、一様に笑顔。雰囲気の良さが伝わる、なんともハッピーな1枚になっている。

 素敵すぎる「ファミリー」の集合写真に対し、コメント欄も英語、ロシア語、中国語、日本語とさまざまな言語で声が上がり、「ありがとう、ジー」と撮影したジーへの感謝の言葉とともに「パーフェクトな写真」「最高に美しい」「偉大なスケーターたちの輝かしい笑顔」「なんて素晴らしい写真なの」と反響。羽生に対しても「フライング・ユヅル…?」「誰がユヅルを持ち上げているの?」「ユヅが底抜けに愉快!」と注目を集めていた。

 GPシリーズ初戦を終え、各選手たちは今後、平昌五輪を目指し、しのぎを削っていく。自身初の4回転ルッツを成功させ、今大会2位の羽生は実力はもちろん、ロシアのファンから日本語で巨大なメッセージが掲げられるなど、世界的な人気を証明。男子シングルの金メダル争いの最前線に立っている。

 果たして、ここからどんな舞いでファンを魅了してくれるのか。世界の注目は高まっている。