一度は行きたい!異なる様式の庭園が楽しめる新宿御苑の歴史と見どころに迫る

写真拡大 (全9枚)

オフィスビルや商業施設が立ち並ぶ、東京・新宿。日本を代表する街に、四季の移り変わりと大自然と歴史的建造物を満喫できる国民公園「新宿御苑」があります。

東京都新宿区と渋谷区にまたがるこの広大な公園は、かつては徳川家康の家臣である内藤氏が、主君である家康から拝領した江戸屋敷の一部だったと言われています。その後農事試験場を経て、明治39年に日本初の皇室の庭園となり、昭和24(1949)年に国民公園となったという歴史があります。

新宿御苑は、広大な敷地内に「日本庭園」「フランス式整形庭園」「イギリス風景式庭園」と、異なる様式の庭園が組み合わせられていて、それぞれ四季折々の楽しみ方ができるのが特徴です。

今回はそんな新宿御苑の見どころの中から、3つをご紹介致します!

日本庭園

新宿御苑の中心部の休憩所からほど近い「日本庭園」は、公園内の池の流れに沿って形成された「池泉回遊式」と呼ばれる庭園です。

日本庭園内には、昭和2(1927)年に昭和天皇のご成婚記念として建てられた「旧御涼亭」があります。本格的な中国の建築様式を採り入れたこの建物は、東京都の歴史建造物にも指定されています。

この建物からの庭園の眺めも、また格別です。筆者が訪れた時には、白い鳥が優雅に餌をついばむ、まさに絵に描いたような風景が広がっていました。

「和の心」が感じられる風景を楽しみたい方には、ぜひともおススメのスポットです。

バラ好き必見!フランス式整形庭園

フランス式整形庭園は、まるで昔のヨーロッパの映画に出てくるようなプラタナス並木と、その中央に配置されたバラ花壇が実に見事です。この日はあいにくの雨でしたが、お天気の良い日にはここでベンチに座って映画の1シーン気分を味わいたくなる風景です。

花壇に植えられたバラは、実に110種類・500本以上!

バラが好きな方なら、眺めているだけでも楽しめること間違いなしです。

洋ランと熱帯植物の博物館のような「大温室」

大木戸門のほど近くには、ガラス張りの「大温室」があります。ここは新宿御苑が農事試験場だった頃に建てられた、約100屬硫梗爾前身となっていて、洋ラン、熱帯・亜熱帯の植物などが楽しめます。


パパイヤ、バナナ、アボカドなどの木や、日本ではあまり見る機会のないバナナの花、タコノキの実なども展示されています。


この大温室は、このような日本では珍しい植物を展示するだけではなく、絶滅危惧種となっている植物の種子の保存などの大切な役割も担っているとのこと。「特別室」と呼ばれる展示コーナーでは、沖縄や小笠原諸島などの絶滅危惧植物や、ワシントン条約で取引が制限されている植物も見ることができます。

新宿御苑へのアクセス

新宿御苑は、新宿駅・新宿三丁目駅・新宿御苑前駅の他、千駄ヶ谷駅や国立競技場駅など、最寄り駅がいくつかあります。どの駅からも徒歩5〜10分程度と、気軽に行ける場所にありますので、お仕事やお出かけの合間に四季や大自然に癒されたい時には、気軽に立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

〒160-0014 東京都新宿区内藤町11番地
開園時間:9:00〜16:00 (16:30閉園)
休園日:毎週月曜日(月曜日が休日の場合は翌平日)、年末年始(12月29日〜1月3日)※3月25日から4月24日までと11月1日から15日までについては、月曜日も開園。
入場料:一般200円 小・中学生50円 幼児無料

新宿御苑