欅坂46 5thシングル 風に吹かれても

写真拡大

10月22日の「欅って、書けない?」では、先日に加入したばかりのけやき坂46(ひらがなけやき)の2期生が、10月25日に発売される欅坂46の5thシングル「風に吹かれても」のヒット祈願として、過酷なロケに全員で挑戦した。

【写真を見る】平手友梨奈、ダメージデニムから“美脚”チラリ

ひらがなけやき2期生の9名がヒット祈願に訪れたのは、岐阜県中津川市阿木。

この新メンバー初めてのロケで進行役を任された、MC澤部佑の相方でもあるハライチの岩井勇気は、「ロケに行くと毎回知らない子が来る、志田ちゃん(志田愛佳)とハブミ(土生瑞穂)はいないのね」とやや不満げ。そんな岩井に対して、メンバーは挨拶代わりに自らの特技を披露した。

少し打ち解けたところで、岩井から今回のロケの内容を発表。山の中にある風の神様が祀られた「風神神社」に行って、ヒット祈願を行うことに。その道中で出会った一人目の地元の人に新曲をアピールし、PRシールを受け取ってもらったお礼に、メンバーの金村美玖は得意のサックスでルパン三世のテーマ曲を披露。

さらに収穫された柿をいただいたので、今度は富田鈴花が得意のラップで感謝を伝えるが、これには地元の人も困惑した様子だった。

その後もメンバーたちは、出会った町の人たちに新曲をPRしながら、目的地である風神神社に到着。

全員でヒットを祈願し、今回の目標は達成したと思われたが、ここで岩井が「少し行ったところに滝行ができる場所がある」と言うと、メンバーから「やりたい」という声が。あまり乗り気でない岩井が「ここで満足したんだったら、ここで終わっても…」と何度も聞いてみたが、メンバーは全員で「やります」と力強く答えたので、車で約2時間半移動して滝行のできる長野県木曽郡「清滝」へ向かうことに。

気温14度と肌寒いうえに、数日前に降った雨の影響で水量も多い過酷な状況の中、高さ30mの滝を目の前にして不安げな表情をみせるメンバーたち。

中でも特に不安そうな表情をみせていた小坂菜緒は、目に涙を浮かばせながら「ここで頑張らないとダメなので」と覚悟を決める。

そして、メンバーは3人一組で順番に水温7度の滝に突入。見事9人全員が滝に打たれながら、「5枚目シングルがヒットしますように!」と叫び、滝行ヒット祈願を見事に達成した。

今回の滝行の感想を聞かれた渡邉美穂は、「みんなでちゃんと祈願できたので、ヒットすると思います!絶対」と力強く答えた。

そこでMCの土田晃之が「本当は滝行は嫌だったっていう人いる?」と尋ねると、小坂が少しうつむいたので、MCの二人から「みんながやりたいって言った時にどう思ったの?」とさらにつっこまれると「あ、やるんだ…」と、その時に思った感想を正直に答えた。

次回は、漢字欅vsひらがなけやき秋の大運動会の様子が、10/29(日)深夜に放送される予定だ。