ニットとレザーが醸し出す“まとまり感”が美しいアシックスタイガー

写真拡大 (全4枚)

注目スニーカーの秋冬コレクションが出揃ってきました。アシックスジャパンからは、アシックスタイガーブランドで、ニット素材とゴアテックスを採用した「GEL-MAI(ゲルマイ)」の新作2モデルが登場。

ニットとレザーを使った「GEL-MAI KNIT(ゲルマイニット)」が11月2日に、 GORETEXファブリクスを使った「GEL-MAI G-TX(ゲルマイ ジーティーエック ス)」が11月24日から発売されます。

「GEL-MAI」は、1990年代に販売していたランニングシューズ「GEL-MAI」の復刻盤。 足の形状にあわせてよりフィットするように、アッパーと靴ひもを結ぶ位置をアシンメトリックに設計し、巾着のように一点で足の甲から足首まで締められるようにした独特なデザインと機能構造が特徴です。ミッドソールにアシックスが独自に開発したスポンジ材「fuzeGEL」を搭載しています。

▲「GEL-MAI KNIT」カーボン×イブニングサンド

「GEL-MAI KNIT」は、 アッパー(甲被)にウールニットとレザーを採用したモデル。タイトなシルエットにしつつ、 立体感のある厚底のオリジナルテイストを残したモードファッションにも映える一足。

▲「GEL-MIA G-TX」ピーコー×ブラック

「GEL-MIA G-TX」は、 アッパーにオリジナルのハイテク感を残しながら、防水・透湿性に優れた GORE-TEXファブリクスを搭載したモデルです。差し色が効いた個性的なカラーリングは、さまざまなシーンで楽しめます。

「GEL-MAI KNIT」2万1600円、「GEL-MIA G-TX」 1万8360円。

>> アシックスタイガー

 

(文/&GP編集部)