画像提供:マイナビニュース

写真拡大

朝日新聞社はこのほど、働く男女の「カラダ改善」事情をテーマに実施した調査結果を明らかにした。同調査は9月29日〜10月2日、20〜50代の有職者男女500名を対象にインターネットで実施したもの(調査機関:トレンダーズ)。

2017年に立てた「カラダ改善」の目標の内容を聞くと、「体重を減らす」(68.4%)が最も多かった。次いで「体力をつける/強化する」(46.4%)、「筋肉量を増やす」(40.6%)となっている。

現在、今年立てた「カラダ改善」の目標を達成できたか尋ねたところ、「達成できた」は22.2%だった。「達成できていない」(77.8%)の方が多く、およそ2割台の人しか目標を達成できていないことがわかった。

「カラダ改善」の目標に対する進捗度合いを聞くと、達成率の平均は40.9%だった。その理由について尋ねると、「足の筋力をつけたいが、特に夏の間は暑くて思うようにトレーニングができなかった」(40歳・女性)、「体脂肪率を下げるためにランニングをしたいが、仕事が忙しくて毎日走れていない」(33歳・男性)などの声があげられた。

「カラダ改善」の目標を達成できていない人に、「2017年にラストスパートをかけて年内に目標を達成したい」「2018年にあらためて仕切り直して頑張りたい」のどちらか尋ねたところ、59.1%が「2017年ラストスパート派」だった。「2018年仕切り直し派」は28.8%となっている。

年内に目標を達成したい理由について聞くと、「イベントシーズンに向けて、スリムになりたいから」(39歳・女性)、「体重を減らすという目標を次の年に持ち越したくないから」(54歳・女性)、「まだあきらめていないので、なんとか挽回したい」(41歳・男性)などが多かった。

「カラダ改善」の目標達成のための具体的な取り組みについて尋ねると、79.4%が「運動」と答えた。「食事」は66.8%となっている。

また、「カラダ改善」の目標達成にあたっては、運動の習慣をつくることが重要だと思うか聞くと、66.2%は「とてもそう思う」、31.8%は「ややそう思う」と答えており、合計すると98%が「カラダ改善をめざすには、運動がポイント」と考えていることがわかった。

現在、定期的に行っている運動はあるか尋ねたところ、「ある」が54.4%、「現在はないが、今後行いたい」が

38.0%だった。

「具体的にやっている/やりたい運動」を聞くと、「ウォーキング」(57.1%)、「筋トレ」(42.4%)、「ランニング」(26.4%)など、場所を選ばず、手軽にできる運動が上位を占めた。