@AUTOCAR

写真拡大 (全9枚)

「911T」 よりピュアなモデルへ

ポルシェは、911カレラTを発表した。

カレラTの「T」は「Touring(ツーリング)」の意。これをポルシェは「back-to-basics」つまり、基本にかえったモデルだと表現する。

簡素になったインテリアと、ふつうのカレラでは得られない動的性能が「T」の特徴だという。英国における納車開始時期は2018年1月を予定している。

外観は、

・フロントスポイラー
・ミラーハウジング(グレーメタ)
・20インチホイール
・リアウイング
・テールパイプ(センター2本出し)

がカレラTならではの識別点。

外装カラーは、

・ブラック
・ラバオレンジ
・ガーズレッド
・レーシングイエロー
・ホワイト
・マイアミブルー
・カレラホワイト(メタリック)
・ジェットブラック
・GTシルバー

から選ぶことができる。

インテリアもカレラTの見どころだ。

内装は簡素に 軽量ガラス採用 防音材省略

インテリアは、

・革巻きのGTスポーツステアリング
・ダッシュボード上のマーク
・軽量4ウェイ電動シート
・ヘッドレストの「911」エンボス
・よりカチッとした動作幅が小さいギアノブ

が911Tならではのポイント。そうそう、もちろんマニュアルが標準設定となる。

「back-to-basics」のコンセプトにのっとって、ドアレバーはナイロン素材に置き換わり、リアウインドウとリアサイドウインドウは軽量ガラスに。また防音材も簡略化されるほか、リアシートとも別れをつげた。

だが走りに関しては本気の部分が多く、標準のカレラでは選ぶことのできないPASMスポーツサスペンションが最初から備わっている。つまり車高が20mm下がる。リアステアリングも選べる。

重量は結果的に標準のカレラより20kg軽い1425kgを標榜。

エンジンと数値スペックも見ておこう。

エンジンは3.0ℓフラット6ターボ

エンジンはカレラと変わらずそのまま。つまり3.0ℓの水平対向6気筒ターボを載せ、370ps/6500rpmを生みだす。軽量化のおかげでパワーウエイトレシオは、標準カレラの256.2ps/トン→259.7ps/トンへと高まった。

リアに機械式のLSDが備わるうえ、ギアレシオもわずかにクロスしている。マニュアルギアボックスの場合、0-100km/hタイムは4.5秒、200km/hまでは15.1秒で達し、PDKの場合は前者が4.2秒、後者が14.5秒となる。

最高速度はポルシェいわく290km/h。価格は英国の場合£85,576(1270万円)だと発表されている。日本のリリースは(もし導入されるならば)追ってご報告したい。

なお、AUTOCAR JAPAN上でこの記事をご覧になっている方は、記事下の「すべての画像をみる」ボタンから、外部メディアでこの記事をご覧の方は、記事下に設けられたリンク「『911T』すべての画像を見る」から、ほかの画像をお楽しみいただける。