パリ出張の小池百合子に池上彰が切り込んだ

写真拡大

ジャーナリストの池上彰氏が10月22日放送の選挙特番「TXN衆院選SP 池上彰の総選挙ライブ」(テレビ東京系)に出演。今回の選挙特番でも、政治家たちに辛辣に切り込む“池上無双”を見せた。

【関連】池上彰“池上無双”真意語る「政治家とジャーナリズムの対立構造」必要

注目を集めた希望の党・小池百合子代表への事前取材では、池上氏は小池氏の移動車に同乗して独自にインタビュー。

週刊誌の“小池バッシング”について池上氏が尋ねると、小池氏は「売れる(売れるから記事にされる)んでしょうかね?」と、バッシングの原因については触れずにあいまいな返答。

さらに池上氏が「(政界筋や一部のメディアから)『緑のたぬき』って呼ばれてますよ」と言葉を続けて反応をうかがうと、小池氏は「どちらかというと“たぬき”系のほうでしょうね。“きつね”じゃなくてね」と受け流した。

番組の中盤では、東京都知事としての公務でフランス・パリに出張中の小池氏と中継を結んでインタビュー。

池上氏は小池氏に対して「(選挙戦という)いちばん肝心な時に日本にいない。パリにいらっしゃる。都知事と国政の“二足のわらじ”を履くと、こういうことになってしまうんじゃないですか?」と疑問をぶつける。

小池氏は「今は私が代表でございますけれども」「(今回の選挙の結果を踏まえて)国政の皆様方による運営という形にいたします」と、自らの進退に言及しながら池上氏の質問に応じた。

インタビュー中の画面にはテロップで「(希望の党が選挙で惨敗した)戦犯は小池さんでしょ。しかも、パリに逃げるなんて信じられない」という、希望の党の議員秘書のコメントが、番組記者による取材メモとして紹介されていた。

SNS上では番組の視聴者から「小池さんは池上さんの質問にちゃんと答えてない」「小池百合子、池上さんに追及を受けるまえから涙目」などのコメントも寄せられた。